READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

陸前高田や大船渡の伝統ある”気仙茶”を後世に守り継ぎたい!

前田千香子

前田千香子

陸前高田や大船渡の伝統ある”気仙茶”を後世に守り継ぎたい!

支援総額

1,738,000

目標金額 1,300,000円

支援者
111人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録14人がお気に入りしています

14お気に入り登録14人がお気に入りしています
2015年07月15日 08:50

聞き書き集のご感想を、じわじわといただいています。

聞き書き集「おら家のお茶っこ」、じわじわと、ご感想を寄せていただいています。何よりの励みになります!本当にありがとうございます。


まずは、ブログでのご紹介・ご感想から。
静岡の小泊重洋先生のブログ「一碗」

気仙茶の会

 

 

小泊先生には、気仙茶の会の活動を始める時に、「気仙茶とは何か、を、自分たちで明らかにし、そして、それを皆さんが分かって言えるようになることが大切です。」というようなお話をいただきました。お話を聞いた、地元会員の皆さんが、とても勇気づけられた様子で、その後もあちこちの話の輪が出来て、なかなか解散しなかったことを思い出します。2012年7月のことでした。以来、小泊先生の言葉を、ずっと心に置いておりました。ありがたいご感想をいただき、感激しました。

 

また、お電話でも、郷土史研究家の金野靜一先生から、
「お茶についてまとめた一冊はまだなかった。気仙の言葉で書いていることがとてもよい。お茶の文化は、気仙の、特定の地域でなく全域に広がっていたもの。それは、岩手の中で、気仙の特徴的な風土を表すものである。気仙のそれぞれの地域で、お茶文化があったことを再認識することから、新しいものが生まれてくると思う。」
というようなお話をいただきました(お電話での会話でしたので、私の解釈や意訳が入っておりますこと、お許しください。)
金野先生が「気仙の風土」とおっしゃる中には、気候や植生、気仙人の気質も含められているのかな、とお聞きしました。
更に、大船渡や陸前高田にお住まいの方々から、「高校卒業後、郷里を離れている70代後半の叔父さんが、つい最近、『昔は家でもお茶づくりをしたものだ』という話をしていて驚いた。この本を、叔父さんに送ってあげたい」というご連絡も、とても嬉しかったです。


他にも、地元・気仙からも、遠く離れた場所からも、数々のご感想をお寄せいただいています。(後程、ご紹介したいと思っています)

 

ご感想が、何よりの励みです。是非一言でもお寄せいただけましたら幸いです!

一覧に戻る

リターン

3,000

・心を込めたお礼状(気仙茶の畑の画像入り)
・ご支援くださった方のお名前〈ユーザー名〉の北限の茶を守る気仙茶の会のブログへの掲載(ご希望者のみ) をお送りします!

支援者
32人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加え、
・気仙茶・熟成火入れ〈10年以上寝かせたお茶に火入れをして仕上げたもの〉10g (焙茶工房しゃおしゃんのオリジナル製品)
・気仙茶を育んだ陸前高田の風景写真のポストカード5枚
・2014年晩秋に、気仙地域内で開催する、気仙茶の花見と茶会へのご招待券(2名様分)をお送りします!

支援者
60人
在庫数
124

30,000

10,000円の引換券に加え、
・2014年の気仙茶の新茶10g(2014年の気仙茶づくりの様子や淹れ方などを書いた説明書つき)
・気仙茶と一緒にお楽しみいただけるような、陸前高田又は大船渡の伝統銘菓
・ご支援者様のお名前を記載した、気仙茶と気仙の暮らしの聞き書き集(お名前の記載はご希望者のみ) をお送りします!

支援者
14人
在庫数
36

50,000

30,000円の引換券に加え、
・陸前高田の米崎りんご3㎏(化粧箱入り)
・陸前高田の特産品詰め合わせ
①気仙茶づくりの仲間が作り紹介している特産品の詰め合わせ「産直はまなす」特製詰め合わせ
②陸前高田産の米粉に野菜を練りこんだ「ばばばパスタ」
③陸前高田で栽培されたハバネロとりんご等で作られた「タカネロ」など をお送りします。

支援者
9人
在庫数
21

100,000

50,000円の引換券に加え、
・陸前高田で海の幸を堪能するお食事券(陸前高田で人気の鮨屋「鶴亀鮨」もしくは、広田湾のかきを使った「かき小屋広田湾」でのお食事券3000円分を2名様分)
※かき小屋広田湾は、かきのある時期だけの営業です。詳細はお問い合わせください。
・再生を手がけている茶園の看板にご支援くださった方のお名前を掲載(ご希望者のみ) をお送りします!

支援者
0人
在庫数
20

プロジェクトの相談をする