RE-PRESENTERS企画・構成部の龍薗です!

さて、5回目のプレゼンター・ブース担当学生の紹介は、「歯学部」です!

 

歯学部の学生はひたすら歯について勉強してる、と皆さん思っているのではないでしょうか?
もちろん歯に関する専門的な勉強もしていますが、それだけではありません!
口や舌、顎など、歯に関連した様々なことも学んでいます。

歯学部では、口腔の機能改善と構築に幅広く貢献し、「口腔から全身の健康に貢献する」ことを実践することができ、国際的にも活躍できる指導的人材を育成することを目的とした教育が行われています(九州大学歯学部HPより)。

ここで、「歯学部なのに全身の健康ってどういうことだ?」と思った人もいると思います。実は歯の健康と体の健康は大きく関連しているのですが、詳しいことはぜひ当日のプレゼンで!

今回は歯学科4年の田村裕史さんにお話をしてもらいます!

 

プレゼンター
名前: 田村裕史(たむらひろし)
所属・学年: 歯学部歯学科4
出身高校(出身): 高槻高校(大阪府

田村さんは今回のイベントを通して初めてお会いしたのですが、非常に気さくで常にその場を明るく盛り上げてくれます!緊張した九瑛舎の1年生にも話しかけてくださり、その緊張をほぐしてくださいました!中高生の皆さんもイベント当日は気軽に声をかけてみてください!きっと優しく相談に乗ってくれると思います!
九大では歯学部バスケ部に所属しており、今も試合に向けて練習しているそうです。あれ、気になる歯学部の勉強のほうは?留年ギリギリ?難しい歯学部のお話よりも、面白い歯学部の話に期待です!

 

田村さんから中高生にメッセージ
歯学部は医歯薬の中でも、今、最も国試の合格が難しい分野です。成績優秀、将来は海外の研究室に所属するといったエリートの道!なんてものは自分とはかけ離れたもので、留年しなければいいだろうというプー太郎歯学部生の受験へのアドバイス、スティーブ・ジョブスのようなスピーチに乞うご期待!!

 

そのほか、当日のブースセッションには、
同じく歯学科に所属する中崎由唯さん
も呼んでいます!ぜひたくさん質問してみてください!

次回は薬学部の紹介です!薬学部はどんな学問を学んでいるのでしょうか?
明日の紹介も楽しみにしていてください!

(文責 龍薗一樹 髙橋実希

新着情報一覧へ