こんばんは、瀬川です。

なんだかだんだんとあたたかくなってきましたね。

春はもうすぐそこ!

 

 

今日はちょっぴり息抜きで

フィリピンの食卓をどどどっと紹介したいとおもいます。

食べもの祭りです。

 

 

 

1.パーティー食卓編

 

 

フィリピンではフィエスタやクリスマス、誕生日など

イベントごとにたくさんの料理をじゅんびして

たくさんの人を家に呼びます。

 

 

たとえばこちら

 

クリスマスの食卓です。

 

豚の串焼きや、ローストチキン、カニ、えび、焼きそば、

ケーキ、フルーツなどもりだくさん。

ちなみに映っているのは村長さんシスターズ。

 

 

そしてお祝い事に欠かせないものといえばこちら

 

レチョンバボイ。豚の丸焼きです。

 

こんな感じで食卓にのぼります。

 

 

その地域ごとに開かれるフィエスタというお祭りや

誕生日、卒業祝いには

親族だけでなく友人や近所の人も招いて

ごちそうを振舞います。

 

こんな感じで人がわんさか

 

 

また私たちにも身近なたべものとしてはこんなものも!

 

 

ゴーヤチャンプル。

ウミブドウなんかもよく食べられていて

フィリピンのごはんは

すこし沖縄に近いような気もします。

 

ちなみに主食はお米です。

味付けもしょうゆやカラマンシーという

カボスのような柑橘類をベースにしているものが多く

お米によく合います。

少ないおかずでたくさんのごはんが食べられるように

やや濃い目の味付けであることが多かったです。

 

 

 

2.外食編

 

 

じゃん!

 

これはとあるフィリピンスタイルのレストランにて。

 

バナナの葉っぱの上にごはんと

鳥、豚、カニ、えび、などなどのおかずが

ぜんぶのっかっていてみんなでつつきます。

手前にちらりと見えるのはシニガンという

少しすっぱい味付けのスープで、

フィリピンではとてもポピュラーです。

 

 

また、ビジネスや語学留学で多くの韓国人が訪れることから

韓国料理のお店もたくさんあります。

 

 

日本では食べたことないような韓国料理を

セブでたくさん食しました!

 

 

そしてもちろん和食も!

 

 

ここはSumo-sanという中国人が経営している日本食レストランで

お寿司やお弁当、親子丼までいろいろなメニューがありました。

(親子丼おいしかったです)

日本人が経営している和食のお店もいくつかあり

うどんやラーメンなんかも食べられます。

最近は日本人よりも韓国人のお客さんが多いとか。

 

 

そしてこちらは私のお気に入り

野外BBQレストラン。

 

 

店頭に並んでいる串から好きなものを好きなだけ選んで

その場で焼いてもらいます。

このスタイルのお店はいたるところで見られるので

よくたべにいっていました。肉祭りです。

 

 

 

3.番外編

 

 

私がだいすきであらゆるお店のバージョンを食べつくした

フィリピンの代表的デザート、ハロハロです。

(しかし残念なことに日本人の友だちに勧めても

あんまり高評価は得られなかったのですが・・笑)

どどーんといっきに紹介!

 

こんなふうにぐちゃぐちゃに混ぜて食べます。

ちなみにハロハロというのはまぜこぜと言う意味。

 

タイ料理のお店で食べたハロハロ。

これはあんまりおいしくなかった。

 

ココナッツの殻にはいっているバージョン。

 

白いバージョン!

氷自体がコンデンスミルクで作ったもので

これは美味!

 

 

マンゴーやココナッツを初めとするフルーツ、豆、

コーン、ゼリー、甘いプリン(レチェフラン)、芋、

アイスクリームなどとにかく具だくさん!

フィリピンに行くことがあれば是非一度はお試しくださいませ。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

フィリピンでは”食べる”ということを中心に

1日がまわっているような気すらしました。笑

 

誰かの家に遊びにいくとまず

「なお、ごはんは食べた!?

バナナあるよ!食べなさい!」

というのが挨拶だったし、

食べる量が少ないと(少ないといってもそんなに少なくない)

「どうしたの、具合悪いの?大丈夫?」

とすごく心配されたりもして。

 

もちろん私だけではなくて

たまたま昼食後くらいの時間に用事があって

家を訪れた近所の人や

配達や工事作業できているお兄さんたちにも

「食べなさい食べなさい!」

といってとにかく食べさせてた。

 

貧困という環境がそうすることを強いるのだとしても、

「持てる人が持たざる人に分け与えるんだよ」

ということをさらりと言えるフィリピンの人たちを

ひそかに尊敬しながらバナナを食らう私なのでした。

 

 

 

======================================================

 

 

現在228,000円/1,000,000円の支援が集まっています!

残り29日で772,000円とまだまだ先は長いです。

どうか皆さんのご協力をお願いいたします!

 

 

新着情報一覧へ