昨年中は沢山のご支援をいただきありがとうございました!!

皆様のご支援やシェアのおかげで少しづつ支援が集まっております。

残り12日となりましたが最後まで応援をよろしくお願い致します!!

 

本日は私が昨年訪問させていただきた福島県四ツ倉の「チャイルドハウスふくまる」さんのご紹介をさせていただきます!

 

ふくまるは一昨年に四ツ倉道の駅に隣接するように建てられた子供達の交流施設です。道の駅に立ち寄った県外の子供達も自由に遊べる事ができます。

建物が建てられる前は仮設テントで子供達が遊べる遊具を手作りしたり縁日のようにお菓子を配って子供たちと交流をしていたそうです。

 

チャイルドハウスふくまる

 

ふくまるが位置するのは海から数十メートルの場所です。

「こんなに海から近い場所に立てて津波でも来たらどうするんだ。」

と最初は反対の声もあったそうです。

隣接する道の駅も当時の津波で半壊し数年前に立て直したばかりでした。

ですが四ツ倉の海が一望できるこの場所に、子供たちが元気に遊べる施設を作りたいという想いで、市の皆様が一丸となって建てられました。

今では防波堤の建設も徐々に進み子供たちが安心して遊べる安全な施設となっています。

 

防波堤建設の様子

                        海岸の防波堤建設の様子

 

 

ふくまるの施設長、秦さんは

「四ツ倉は他の町や市と比べ物にならない結束力があります。津波があった直後もみんなで協力して困っている人を助け合って町の回復が本当に早かった」とおっしゃってました。

皆さんが前向きに復興に取り組んでいる。そんな印象を受けました。

 

ふくまるは今では週末に100人もの子供達が遊びに来るそうです。

                        遊具で遊ぶ子供達の様子

 

「ふくまるに今度は焼きたてのお菓子を必ず振舞いに来ます‼」

と約束をしました。

どうか約束を果たせるように皆様のお力を貸してください!

皆様のご支援が子供達の笑顔に繋がります。

 

最後まで頑張りますので応援をよろしくお願い致します‼ 

 

                    佐藤 五月

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ