Get in touch事務局をいつもサポートする河本佳恵よりメッセージです🌈

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

映画「私はワタシ」。

自分が本当の自分と繋がって生きるという事。

それが人間にとってどれだけ大事で、どれだけかけがえのないものかということに気づかされました。当事者の率直な言葉や表情が胸を突き刺し、心がザワザワと揺さぶられます。そして気がつくと涙がポロポロこぼれていました。

 

これだけ沢山のLGBTs当事者が出演していて、自らの言葉で率直に語ってくれる映像をこれまで見た事がなかったので、私にはとても衝撃で今でも鮮明に映像と言葉が心に残っています。

 

この映画を一番届けたいのは学校です。

まだ心と頭が柔らかくて、まだ偏見や差別が固定化していないであろう子供たちへ、まずは届けたいです。

 

Get in touch 河本佳恵より

 

【プロフィール】

河本佳恵(かわもと・よしえ)

一般社団法人カンパラプレス 山口県柳井市生まれ。

百貨店勤務、スタイリストなどを経て青年海外協力隊員の服装科教員として中国に派遣。オーストラリア留学中の2000年、シドニーオリンピック・パラリンピック大会のボランティア通訳として活動。

2004年、写真家の越智貴雄氏と共に「カンパラプレス」を立ち上げ、国内外のパラリンピックや障害者スポーツ大会を取材し発信している。

写真展やトークショー、切断ヴィーナスショー等のイベントも多数開催している。