バースデー健身代表岡田様から応援メッセージをいただきました!

「微力は無力ではない」

私がNPOでバースデー健身の活動を始めて間もない頃 
知り合った辻あかねさん。

数年前 彼女は銀座で妊娠中に
ピラティススタジオをオープンしたばかりでした。

アメリカでのピラティスの学びと必要性、
ご自身のアスリートとしてのご経験から

「いつか 乳がん患者のリハビリに
ピラティスを取り入れたい」という熱い想いを
ずっと聴いていました。

名古屋と東京、離れていても志が似て
時々しか会えないけど折に触れ 応援しあい
お互い頑張りあえる尊敬できる存在。

そんな彼女が育児と仕事を両立しながら
今回 乳がん患者のための
オンラインピラティスのクラウドファンディング
を立ち上げました。

がん患者は「手術がゴールではなく スタート」
先の見えないゴール目指して 治療が始まります。

術後 9年経過する私でも 雨の日の前は術後の痛みがあります。
今はわかりませんが 私の頃は病院では特にリハビリの指導も
なかったため 自分でかかりつけの整体でメンテナンスをして
もらっていました。

医師や専門家の監修のもと、術後のリハビリで
生活の質が戻ればそんな嬉しいことはありません。

またオンラインで受講することで 遠方の方でも
好きな時に 自分の体調の良いタイミングで受けられるのも
日によって体調の波がある患者さんにとって有り難いことだと思います。

術後の過ごし方に関しては 賛否両論あると思いますが
「患者の選択の自由」があることが大切だと思います。

諦めたら 無力だけどずっと伝え続けていると
必ず 応援してくれる人が現れたりミラクルのような出会いが
あったりします。

あかねさんのずっと伝え続けていた
「誰かのために」という想いが届きますように。

特定非営利活動法人バースデー健身代表 岡田美春

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています