今回はカンボジアの象徴ともいえる"遺跡"について紹介します。



自分もそうでしたが、「カンボジア」と聞いてまず思い浮かべるのは1992年にユネスコの世界文化遺産に登録された「アンコール遺跡群」であるという方も多いのではないでしょうか。



アンコール遺跡群とは、9世紀から15世紀にかけてカンボジアを含めたインドシナ半島で隆盛を極めたアンコール王朝の王たちが築いた、非常に大きな規模の石の寺院が集結している宗教都市のことです。 アンコール遺跡は1080個もあり、現在その内約60個の遺跡が見学可能となっております。



しかし、アンコール遺跡群は「危機にさらされている世界遺産」にも登録されており、崩壊の危機にさらされています。



1970年の内戦の影響により中断されていた遺跡の保護作業が約20年後平和が戻った後再開されましたが、指導者を失い、廃墟と化した遺跡はカンボジア人だけの力ではもはや修復不可能になっていました。そこで、ユネスコなどの国際機関の協力を得て日本などの救済チームが参加し、カンボジアの文化遺産をカンボジア人だけの力で保存修復できるように指導者の育成にあたっています。



こんなところでも日本とカンボジアの関係の深さを感じ取ることができますね。 みなさんも、カンボジアを訪れたら是非「アンコール遺跡群」に訪れてみてください!


新着情報一覧へ