皆さん、こんにちは!

 

鮮やかな紅葉の季節になりましたね。

皆さん、果物ブランドのDoleをご存知でしょうか?

 

実は、日本で唯一のDole専門店がみなかみ町にあるのです。

 

 

テラスでバーベーキューも出来るので、近くの紅葉狩りにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

さて3回目の作家さん紹介です。

 

 

とにかくお米がおいしく皆様の人柄にも惹かれかれこれ10年ほどお邪魔しております


作家さん:北原商店

 

町おこしのお手伝いに何度かお邪魔しましたが、とにかくお米がおいしく皆様の人柄にも惹かれかれこれ10年ほどお邪魔しております。10年間見て、感じてきたみなかみ町を一度絵本にしたためてみたく、参加させていただこうと思いました。

 

主人公:みずのおっさん

 

みなかみには私たちが見ることは出来ない水と木の妖精が住んでいます。
水の妖精の名前は「みずのおっさん」
木の妖精の名前は「きのおっさん」
二人で協力しあってでおいしい水と豊かな自然が保たれているみなかみですが、
ある年、二人は大きなケンカをしてしまいます。
二人がバラバラになったことで水は蒸発し、木に水はなくなり、
みなかみの自然に危機が訪れます。

 

 

街の魅力ももっと勉強して綺麗な絵にしたいです

 

作家さん:ひまわり

 

我が子も2歳半なので自分の子供もこれから楽しんでもらえるような絵本にしてみたいです。
イラストは可愛らしく、街の魅力ももっと勉強して綺麗な絵にしたいです。
楽しく暖かい気持ちになるようなお話をできたらいいなと思います。

 

主人公:ポロン

 


水の妖精ポロンは木の妖精コロンと一緒にコロンの魔法の杖を作るために材料を集めにいきます
コロンの杖が完成した時に見つけたものは…

 

 

私にとって、たくさん素敵な思い出がある場所です

 

作家さん:さとう ちひろ

 

はじめまして。私は生まれも育ちも北海道です。現在も北海道に住んでいます。
そんな私ですが、現在大学へ通いながら、群馬県に2か月に一回は必ず遊びに行っています。
今回は特にみなかみ町がテーマということで、夏は川遊び、冬にはスキー、そして温泉と、私にとって、たくさん素敵な思い出がある場所なので気合を入れて絵本を作ります!まだまだ未熟ではありますが、よろしくお願いします。

 

主人公:みいな

 


主人公は水の妖精みいな。
みいなの一番の仲良しは
木の妖精あさひ。

二人はある日道端で、
東京から引っ越してきたばかりの
やんちゃそうな男の子と出会う。
男の子はみなかみ町に
なかなか慣れられないようで
「やだ」「つまらない」が口癖。
いつもひとりぼっちでいた。

そこでみなかみ町が大好きな
みいなとあさひは
自分たちの魔法を上手に使って
男の子にみなかみ町を
好きになってもらえるように
2人で作戦を立てて実行する。

さてさて、
作戦は成功するのか?
男の子は仲良しになれるのか?
みなかみ町の素敵な所を
いっぱい詰め込んだ絵本です。
あなたも作戦に引っかかってしまうかも?

 

みなかみ町絵本コンテスト公式ページはこちら