READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

自立援助ホームで暮らす若者たちに、「明日への活力」を届けたい

自立援助ホームで暮らす若者たちに、「明日への活力」を届けたい

支援総額

1,157,000

目標金額 500,000円

支援者
139人
募集終了日
2018年12月25日
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

終了報告を読む


10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2019年07月01日 16:56

Readyforと、「こどもギフト」と、みんなのいえ!

「#こどものいのちはこどものもの」の皆さんと、Readyforの皆さんによる「こどもギフト」の第一弾プロジェクトの報告を兼ねた、イベントの場に声をかけていただきました。

みんなのいえの小倉(おぐらっち)が、みんなのいえを代表して登壇しました。

 

こどものいのちはこどものもの
#こどものいのちはこどものもの のみなさんと おぐらっち

 
 

『自立援助ホームの若者たちに、明日への「活力」を届けたい』と題してクラウドファンディングに挑戦させていただくことになった経緯から、経過の様子、若者たちが支援を受けてどのように、「やってみたい!」を成し遂げたのかなどをイベントに参加された皆さんや、生配信で視聴されている方にお話しさせていただきました。

 

Readyforさんのクラウドファンディングに挑戦させていただけたこと、「こどもギフト」を立ち上げたタレントの皆様との出会いを通して、みんなのいえの活動を多くの方に知っていただき、ご支援いただけたこと、それが私たち、みんなのいえにとっての「明日への活力」になっていること、本当に感謝、感謝です。


 

大人と、子どもの間で不均衡な力関係が容認されているような社会では、子どもの気持ちは尊重されにくく、子どものいのちがかけがえのないものだと思える社会とは言えません。

虐待とは・・・大人側からの、言葉の誤用であり、力の濫用だと私は思っています。虐待の先に生きている子どもたちの実状を知ってもらうこと、子どもは保護されて終わりなのではなく、これまでよりも、これからを大切に思えるようになるまで多くの人の愛情と社会経験が必要です。

児童虐待は他人事ではなく、福祉の領域だけの問題でもなく、社会全体の課題として考えていかなければいけません。


「#こどものいのちはこどものもの」の皆さんの呼びかけにより、立ち上がった、「こどもギフト」はそんな当たり前で、当たり前ではなかったことを社会へと発信し、呼びかけてくださっています。

 

子どもの可能性は無限大です。それを育むのは、子どもを取り巻く環境や大人、社会です。この素敵なアクションを、みんなのいえは今後も応援していますし、社会や制度を変えていける一役を、みんなのいえも一緒に担えたらと思っています。

 

一覧に戻る

リターン

1,000

【自立援助ホームで暮らす若者たちを応援!】

■ 少年たちからの一言をつけた感謝の手紙
■ 旅行の報告書をお送りします

支援者
46人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

3,000

【自立援助ホームで暮らす若者たちを応援!】

■ 少年たちからの一言をつけた感謝の手紙
■ 旅行の報告書をお送りします

支援者
30人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

5,000

【自立援助ホームで暮らす若者たちを応援!】

■ 少年たちからの一言をつけた感謝の手紙
■ 旅行の報告書をお送りします

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

10,000

【自立援助ホームで暮らす若者たちを応援!】

■ 少年たちからの一言をつけた感謝の手紙
■ 旅行の報告書をお送りします

支援者
24人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

30,000

【自立援助ホームで暮らす若者たちを応援!】

■ 少年たちからの一言をつけた感謝の手紙
■ 旅行の報告書をお送りします

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

50,000

【自立援助ホームで暮らす若者たちを応援!】

■ 少年たちからの一言をつけた感謝の手紙
■ 旅行の報告書をお送りします

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

100,000

【自立援助ホームで暮らす若者たちを応援!】

■ 少年たちからの一言をつけた感謝の手紙
■ 旅行の報告書をお送りします

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

300,000

【自立援助ホームで暮らす若者たちを応援!】

■ 少年たちからの一言をつけた感謝の手紙
■ 旅行の報告書をお送りします

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

プロジェクトの相談をする