私たち「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」は、

11/24(月・祝)宮城県仙台市で開催されました「日本のうたごえ祭典INみやぎ 全国合唱発表会交流の部」で

40人の皆さまと一緒に「花は咲く」を演奏して来ました。

 

リハーサル前に全員を撮った写真です。

 

宮城県名取市小塚原北町内会有志合唱団の19名の皆さん。

この他に、運転で来てくださった方がお1人、出演中に会場内で私たちの荷物を守ってくださっていました。

 

東日本大震災で京都に避難なさっている5名の皆さん+仙台でお住まいの娘さん。

この他に、ご家族がお2人、私たちの演奏を見に来てくださっていました。

 

東日本大震災で京都に避難し、本年4月に福島に帰還された1家族3名の皆さん。

この他に、同じく京都に避難し本年4月に福島に帰還された1家族4名と、出演されたご家族1名が、私たちの演奏を見てくださっていました。
2家族の子どもたちは、3月末まで、私たちのピアノ習い事支援の生徒たちでした。
久しぶりに子どもたちに会えて、本当に嬉しかった!

 

京都から、京都ひまわり合唱団有志の皆様9名
みんなのカフェワークショップ「みんなの英語クラブ」からKさん

そして、私たち、京都ピアノとうたの音楽ひろばのメンバー4名

 

 

色々な場所で、毎日を一生懸命生きている人たちが、「花は咲く」という歌を通じて、繋がり合い、被災地仙台で出逢い、共に歌う。

その歌は、まるで花のように、色々な色があり、大きさがあり、参加いただいた皆さんお一人お一人の笑顔や涙が溢れた、素晴らしい温かい演奏になりました。

 

「花は咲く」を歌う前にあいさつをしてくださった、一般社団法人みんなの手代表理事の西山祐子さんの「会場の皆さんも「花は咲く」を一緒に歌ってください。」という言葉で、会場中が「花は咲く」の歌声で響きわたりました。

 

被災地仙台で歌う。この意思を持って参加された会場におられるすべての皆さんが、「花は咲く」を歌い、被災地の復興を願い、東日本大震災の風化を防ごうと、歌ってくださったように思います。

 

 

「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」の仙台参加にあたり、多くの皆様からご支援・ご援助、励ましのお言葉をいただきました。


どのような言葉を尽くしても伝えきれませんが、心を込めて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
皆さまのお気持ちに感謝しております。

 

寄付については、もう少しだけ、皆様のご支援が必要です。

是非、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

なお、この出場の後、被災地閖上地域の見学と交流会が行われました。
その模様については、おって報告させていただきます。

 

新着情報一覧へ