みなさま、こんにちは。今日はラオスでの食事のお話しです。

 

ラオスでの食事は、もち米が主食です。小ぶりの竹筒にはいったもち米を、お寿司のシャリほどの量をとって、手で握って固めて食べます。それだけだと味がないので、野菜(名前はわからない)やちょっと辛い香辛料と一緒に食します。ただ、たんぱく質が不足するので、カエルやコオロギも食卓にのぼります。カエルは鶏肉のような味、コオロギは油で揚げてあって、海老のような味がします(足がちょっとひっかかりますが・・・)。もし食べられない場合でも、こどもたちが食べてくれるので残すことは失礼になりません。

 

最後の日には焼き鳥と卵焼きが食卓に。気がつくと、昨日までいた鶏があれ?いない。村の方々の精一杯のおもてなしなのです。感謝、感謝。 ・・・・・旅の終わりまであと44日です。

新着情報一覧へ