クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

日比野克彦がラオスの小学生と絵を描く~ポントゥン村美術部~

長千佳史

長千佳史

日比野克彦がラオスの小学生と絵を描く~ポントゥン村美術部~
支援総額
850,000

目標 800,000円

支援者
59人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2012年08月29日 10:36

ラオラオを飲みながら②

みなさま、こんにちは。今日はラオラオを飲みながら日比野さんが語ったお話その2です。

 

絵を描くということは、実は見る力を養うということなんだ。見て描く、見て描く。見て描くということは描く相手や対象のことを考えて、相手を思いやり、相手に自分の気持ちを伝えていくこと。今回のワークショップで友達と向き合い、友達を描いてもらうことにしたのは、それを感じてもらいたかったからなんだ。

それと友達の姿形を描くだけでなく、その背景もしっかりと描いてもらいたかった。木があるのか、学校があるのか、空は、雲はどんな色やカタチだったか。この絵を描いた時の空間をしっかりと見て、友達と向き合ったこの時間を絵として定着させてもらいたかった。

そうすることで、大人になって子どもの頃に描いた絵を見て、時間と空間を超えてその頃の自分を思い出すことができる。そんなかけがえのない時間を持ってほしいと思ったんだ。

 

・・・旅の終わりまであと32日です。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

*日比野さんデザイン「ポントゥン村美術部」特製ポストカードをお贈りします。
* 「第2回ポントゥン村美術部プロジェクト」活動報告書をお贈りします。

支援者
15人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

3000円の引換券に加え、
*ワークショップ参加子どもの絵のポストカードを3枚お贈りします。

支援者
7人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

5000円の引換券に加え、
*日比野さんデザイン「ポントゥン村美術部」特製Tシャツをお贈りします。
*民際センター発行の季刊誌「ダルニー通信」に支援者様のお名前を記載します。

支援者
37人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

10000円の引換券に加え、
*ワークショップ記録DVDをお贈りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

50000円の引換券に加え、
*日比野さんが選んだラオス民芸品などのお土産セットをお贈りします。

支援者
1人
在庫数
制限なし

300,000円(税込)

100000円の引換券に加え、
*日比野さんが現地で描いた絵を1枚お贈りします。

支援者
1人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする