READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

途上国の社会問題を調査・分析する学生会議をマレーシアで開催!

澤田ゼミ

澤田ゼミ

途上国の社会問題を調査・分析する学生会議をマレーシアで開催!

支援総額

323,000

目標金額 300,000円

支援者
32人
募集終了日
2017年6月21日
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

終了報告を読む


3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2017年06月02日 14:09

ベトナムでの活動

こんにちは!MISでベトナムチームと日本チーム、そしてこのMPチームに所属している小関玲奈と申します。

 

MISは、東南アジア・南アジアの7カ国の学生と協働してプロジェクトを行っており、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、インドネシア、マレーシア、インド、日本という8つのチームに分かれて活動しています。それぞれのチームが「未来への種まき」を共通の理念に、現地の社会問題を少しでも改善しようと頑張っています。

 

そこで本日は、私の所属するベトナムチームがどんな活動をしているのかを紹介させていただきます!!
 

ベトナムチームは2013年から活動を始め、ベトナム中部の古都フエを拠点に活動してきました。提携しているのは、フエ農林大学のEnglish Club の学生です。みんなとても明るくフレンドリーで、日本からメッセンジャーで質問や相談をするとすぐに答えてくれる、とても協力的な学生たちです。歌やダンスが大好きで、渡航中に一緒にカラオケに行くと毎回日本人たちは圧倒されています〜

 

 

さてプロジェクトのテーマとしては、これまで環境問題を中心に扱ってきました。村にフィールドワークやインタビューに行って水質汚染の原因や村人の環境意識を調査したり、現地の高校生と日越の環境問題について比較してディスカッションや環境意識啓発のフォトコンテストを行ったりしました。

 

 

個人的に心に残っているのは、小学生でゴミ問題について教えたプロジェクトです。ベトナムでは、ゴミをゴミ箱に捨てる、という日本ではごく当たり前のことがしっかりと根付いていません。私が訪問した小学校でも、校庭にたくさんお菓子の包み紙が落ちていました。そんな子供たちに、人間が捨てるゴミが環境や生物へ与える影響を劇で伝え、エコバックを一緒に作り、校庭のゴミ拾いを行いました。最後に行ったゴミ拾いでは、子供たちが自ら作ったエコバックを片手に隅から隅までゴミを探して拾ってきてくれました。思った以上に反応が良く、言葉は通じなくても心で通じ合えたという感覚を味わうことができました。

 

私たちが現地の社会問題に対してできることは確かに限られているかもしれません。自分たちにどれだけのことができるのか、現地の人が本当に必要としているものは何なのかを考えて行き詰まってしまうこともよくあります。しかし、現地の学生とともにたくさん考え、プロジェクトを実行することは自分自身にとって刺激的で、何よりとても楽しいです。

 

だからこそ、本プロジェクトで様々な国の学生が一つの場所に集まり、いろんな価値観に触れながら行う議論からは、お互いに一層大きなもの得られると確信しています。とてもとても楽しみです!

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

MISメンバーからのサンクスレターをお送りします!

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【学生限定!】東南アジア各国のお土産をお送りします!

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター
◆会議での配布資料や報告書へのお名前を掲載

◆東南アジア各国の学生からのお土産
東南アジア各国からプロジェクトに参加する海外学生に買ってきてもらったお土産を詰め合わせた袋をご用意いたします。

袋の中身は以下です。
・コピルアク・・・産出量が少なく、最高級珈琲であるコピルアク。日本では一杯8000円と値が張るとも言われています。今回はその珈琲の粉をインドネシアのアチェ産でお届けいたします。
・その他東南アジアのお土産を入れてお送りします。

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【マレーシアに来れる方向け】マレーシアのお土産&懇親会へのご招待!(in マレーシア)

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター

◆マレーシアのお土産
◆プロジェクト最終日の懇親会にご招待!
プロジェクト参加者と話すことが可能で、またご希望でしたら懇親会で参加者に向けてご登壇することもできます。
※懇親会会場までの交通費はご自身でご負担ください。懇親会参加の費用はこちらで負担します。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【マレーシアに来られない方向け】マレーシアのお土産&東京での報告会にご招待!

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター
◆会議での配布資料や報告書へのお名前を掲載
◆プロジェクト後の報告会(東京)にご招待
◆マレーシアのお土産

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

プロジェクト応援コース!

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター

◆全額をマレーシアでの学生会議のために使用致します

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

20,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

東南アジア各国のお土産&プロジェクト後のご報告会にご招待いたします!

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター
◆会議での配布資料や報告書へのお名前を掲載

◆東南アジア各国の学生からのお土産
5,000円でお送りする、東南アジア各国からプロジェクトに参加する海外学生に買ってきてもらったお土産を詰め合わせた袋をご用意いたします。
袋の中身は以下です。
・コピルアク・・・産出量が少なく、最高級珈琲であるコピルアク。日本では一杯8000円と値が張るとも言われています。今回はその珈琲の粉をインドネシアのアチェ産でお届けいたします。
・その他東南アジアのお土産を入れてお送りします。

◆プロジェクト後の報告会(東京)にご招待

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

20,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

プロジェクト応援コース!

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター

◆全額をマレーシアでの学生会議のために使用致します

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

マレーシアからのお土産&東南アジア学生メンバーとのスカイプミーティングを行います!

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター
◆会議での配布資料や報告書へのお名前を掲載

◆マレーシアからのお土産
◆シンガポール人とのミーティング参加権

◆東南アジアのどこか任意の国の学生とのスカイプミーティングにご招待!
プロジェクト終了後にスカイプでのミーティングを3回程行い、フィードバック・改善点・次回のプロジェクト案についてディスカッションを行う予定です。前もってこちらにご相談いただければ、支援者様が提案なさった議題をミーティングの中で取り扱うことも可能です。ぜひご参加ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

プロジェクト応援コース!

◆MISメンバーからのサンクスレター
現地でのミーティング、ワークショップ・懇親会の様子をお送りする予定です。
◆プロジェクトに参加した各国学生からのサンクスレター

◆全額をマレーシアでの学生会議のために使用致します

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年10月

プロジェクトの相談をする