こんにちは。

ミタイ基金学生部の齋藤誠仁です。

 

本日はパラグアイの伝統的な楽器である

アルパについてご紹介します!

 

 

アルパ(arpa)はスペイン語でハープのことです。

別名、ラテンハープ、インディアンハープと呼ばれ、

パラグアイやペルー、メキシコなどで、伝統的な音楽を

演奏するときに用いられます。

 

アルパの楽曲には楽譜が無く、口承で伝えられるそうです。

 

ヨーロッパからスペイン人によって持ち込まれた楽器であり、

南米各地で独自の奏法が確立され、パラグアイでは国民的な楽器として

親しまれています。

 

 

アルパ

 

 

毎年10月から11月頃、首都アスンシオンにて

Festival Mundial del Arpa en el Paraguayという

アルパフェスティバルが開催され、世界中のアルパ奏者が

パラグアイに集まります。

 

 

日本でも全日本アルパコンクール&アルパコンサートが

開催されており、アルパの演奏を聴くことができます!

 

 

2010年にミタイ基金が開催したチャリティコンサートでは

日本のアルパ奏者であるアルパデュオソンリーサ

(エンリケ・カレーラさん&松木ありささん)のお二人に

出演していただいたこともあります。

 

 

チャリティコンサートの様子

 

 

とても素敵な音色を奏でる楽器です!

 

日本でも演奏を聴くことができるので

ぜひ一度お聴きになってみてはいかがでしょうか!

 

 

クラウドファンディングへのご支援、ご協力

引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

 

新着情報一覧へ