こんにちは。

ミタイ基金学生部メンバーとして活動させて頂いております、横浜国立大学2年生の菅野智子です。

 

本プロジェクトの案を練り始めたのは約半年前でした。そしてまもなく、開始から1か月となります。

プロジェクトを立ち上げるために支えてくださった全ての方々、先生、学生メンバー、そしてご支援・ご協力くださっている皆様のあたたかい想いに、心より感謝しております。

 

鎌倉・円覚寺にて日系大学生と(7月8日記事参照)         

 

私が国際協力という道を目指そうと思ったのは、小さなころに感じた想いがきっかけです。

 

世界には、食べるものがなく飢えて亡くなっている人々が今この瞬間にも次々といる。一方で、日本のような先進国では、まだ十分に食べることのできる食べ物が山のように捨てられ続けている。

 

同じ地球上になぜ、こんなにも格差があるのだろう。

 

そんな疑問が湧くとともに、何ひとつできない自分に、悔しさともいえるようなじんわりとした怒りが沸き上がりました。

 

 

そして、小さなことでいいから、何か一つでも自分の出来ることをしたい。そして、少しでも貧困をなくせたら。そう思うようになり、高校の時に国際協力を学べる大学に行くことを決意しました。

 

そして現在、今回のクラウドファンディングやパラグアイ渡航、ミタイ基金など、さまざまな活動に携わらせて頂いております。

 

2015年度に開始した教室増設は資金不足により中止…本プロジェクトにて費用を集めています。

 

自分の学びたい国際協力を学べるという幸せを身に染みて感じている一方で、学びたくとも学ぶことのできない子どもたちが世界にはとても多いことに対し、何かできないだろうかと強く感じました。

 

そして、パラグアイでの学校建設に携わり、子どもたちの喜ぶ笑顔が見たい。そう思い、本プロジェクトに参加させていただいております。

 

 

大学生に国際協力などできるのか、偽善ではないのか、と言われてしまうかもしれないとも、プロジェクト開始前には思いました。

しかし、応援・支援してくださる皆さまが多数いらっしゃることにとても驚き、皆様の応援に応えるため自分に出来ることは、パラグアイの子どもたちに勉強の場を届けることだと思いました。

そのためには、最後までメンバー全員で一生懸命に頑張ります。

 

 

そして、私自身としても、学校建設を成功させることだけではなく、これから先もずっと、国際協力に尽力してまいりたいと思います。

 

最後になりましたが、このような長文を読んでいただきありがとうございます。よろしければ、ご支援・ご協力のほどどうぞよろしくお願い致します。

新着情報一覧へ