おとといハエ取り紙サンプルがメーカーさんから届き、その日の内にマラウイへ発送しました!

 

 

そして追跡サービスによると、現在、第一便は「国際交換局から発送」だそうで、 おそらく通関を無事通り、マラウイの首都リロングウェの国際交換局から保管先へ移動中のようです!あと少しです、がんばれ~!!

 

 

第1便、第2便、手荷物で持参する分を入れて今回の現地調査に使うサンプルは

 

・ネズミ捕り:300個

・ゴキブリ捕獲器:500個

・ハエ取り紙(2タイプ):400個+60個

 

となります。これを、

 

・消費者:約75世帯(日本人:約40世帯、マラウイ人:約35世帯)

・小売店:約15店(スーパー、キオスク、露店商など)

・サービス業者:約10店(ホテル、レストランなど)

 

にモニターとなって使用してもらい、使用感、購入希望価格、商品への要望、現在の害虫対策などについて回答を集める計画です。

 

今回はさまざまな兼ね合いから2週間という短期間の調査となるため、モニター結果の回収は帰国後にメールやオンラインアンケートシステムなど遠隔で集めるスタイルとなります。本来はもっとマラウイ人家庭のモニター数を増やしたかったのですが、限られたサンプルを無駄にしたくないということで、アンケートに慣れていることや回収の確実性から、半分は日本人家庭としました。

 

現地へ行き、マラウイ人モニターの方からの回収が思ったよりもスムーズに進みそうだと判断した際は、一つでも多く、またなるべく幅広い層のマラウイ人のコメントを得られるよう世帯バランスを変更する予定です。

 

 

このほか、現地の法規制や輸入規制、工場での商品生産の可能性などの周辺情報についても調べてくる計画です。

 

なお、メーカーさんよりサンプルとして頂いた商品は試験販売には使えない(売ってはいけない)ため、せっかくの調査、当初は購入する予定だったサンプルを無料で提供いただいた分の資金をあてて、ナノフランチャイズの試験展開用にごく少量、別途購入して持参することも考えています。


こちらについても、また進捗があり次第お伝えさせて頂きます!

 

 

 

 

新着情報一覧へ