今回はオリーブオートミールクッキーの製造工程を紹介します。
通常、クッキーはバター・マーガリンを使用しますが、その代わりにオリーブ油を使用しています。材料を混ぜて練り上げたものを、丸くし鉄板に並べます。みんな慣れてきているので、目分量ですが、大体同じ大きさになります。時には大きかったり、小さかったり・・・。それをつぶして形を整えます。普通のクッキーより、生地に粘り気があります。

170度のオーブンで20分ほど焼きます。オーブンは、焼き村があるので、位置を調整してまんべんなく火が通るように注意します。

冷めたら、袋詰めです。ベテランさんは、計量をできます。少しずつ仕事の幅も広がっていろいろなことができるようになると自信になります。

障害の状況によって作業への関わり方はいろいろです。それぞれなりのかかわりで、クッキーが出来上がってきます。パンやクッキーを作っている障害事業所は多いですが、みんにあっている仕事だと思います。練って、並べて、焼いたのもがその日のうちに、目に見える形が商品になるのでわかりやすいですし、工程ごとに作業に参加することができます。

これから暑い日が多くなると作業も大変ですが、みんなでワイワイやりながらがんばります。

新着情報一覧へ