ジロ、カラスにつつかれて衰弱していた子猫ちゃん。

 

見つけて助けてくれた方、
ミルクのお世話や保護預かりしてくださった方、

病院に連れて行ってくださった方、
たくさんの方に見守られました。

体温は36.7℃、体重400g。
脱水のため、皮下補液、消炎剤の注射、

栄養剤の投与してもらいました。

命を救うための治療ですが、
小さい体に注射は、見るのがつらいです。

 

食欲も出てきて、レトルトのフードをバクバク食べたり、
ミルクもいい感じの勢いで飲んでいたので、
大丈夫かと思われましたが
癲癇発作も頻繁に起こるようになり、、
ジロちゃんは、虹の橋を渡っていきました。

 

 

悲しいことは、なかなか向き合うことができなくて、
ご報告遅れてしまいました。

 

 

新着情報一覧へ