READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

埼玉県三芳で飼育放棄された犬猫たちをシェルターへ避難させたい

東江 ルミ子

東江 ルミ子

埼玉県三芳で飼育放棄された犬猫たちをシェルターへ避難させたい

支援総額

1,945,000

目標金額 1,150,000円

支援者
151人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
27お気に入り登録27人がお気に入りしています

終了報告を読む


27お気に入り登録27人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 

ご支援いただいた皆さまへ

 

この度は皆さまからの貴重なご支援により、私たちの目標を達成することができました。心からお礼を申し上げます。

 

この監禁虐待現場発見当初、檻から悲しい目で覗いていたたくさんの猫たちが、現在仮シェルターでのんびり過ごしている姿を見ると、熱いものが込み上げてまいります。全頭救出まではたくさんの壁がありましたが、皆様からの温かい応援の声に、強く後押ししていただきましたこと、感謝の念に堪えません。

 

先日、三芳町の現場対応中に緊急で新座市の多頭飼育崩壊案件の相談が舞い込んでまいりました。ウェブニュースでも取り上げられた衝撃的な内容のこの案件は多くの方が既にご存知かと思います。

 

▶詳細はこちらをご覧ください

 

私たちに迷っている時間はなく、コンテナを1台追加で設置し、全頭救出後、この仮シェルター・朝霞市のシェルター・一時預かりをして下さる方のもとへ移動させました。そして現在は、新座市の猫たちも少しずつ新しい生活に慣れ、猫らしい仕草を見せてくれるようになりました。

 

最悪の事態を免れ安堵しておりますが、現実的な問題として、この子たちの飼育費用が必要です。そこで、プロジェクト終了までの期間は、新座市の子たちのためにネクストゴール165万円を設定させていただきたいと思います。

 

どうか引き続き皆さまの応援をよろしくお願いいたします。

 

― 資金使途 ―
□保護猫の医療費 240,000円

・初期検査(駆虫薬、猫エイズ・白血病検査、ワクチン3種、検便)と去勢不妊手術1匹1万円×24匹
□コンテナのレンタル費用(3か月分/運搬・組立費用込み)110,000円
□保護猫飼育費用(エサ、トイレ用砂購入費用) 182,000円

・24匹の1日のエサ代4,800円×30日=144,000円
・24匹の猫砂1か月分=38,000円

=必要金額合計 532,000円

 

2018年4月2日 東江ルミ子

 

 

埼玉県入間郡三芳町で、飼育放棄により劣悪な環境に置かれている猫22匹、犬1匹が発見されました。犬・猫たちを一刻も早く保護するために、仮のシェルターが必要です。どうか、皆さまのお力添えをお願いいたします。

 

私たちは、TNR活動や48匹の猫たちの保護、里親さんとご縁を繋ぐための譲渡会を行っているNPO団体です。

 

初めまして、NPO法人にゃいるどはーと代表の東江ルミ子と申します。埼玉県朝霞市を拠点に猫の保護活動を行っています。

 

私たちは、昨年2月から特定非営利活動法人の認証を受け、朝霞市内に開設したシェルターを拠点に、保護した猫たちを愛情と責任ある里親さんに引き継ぐための譲渡会を定期開催したり、TNR活動(トラップ:捕獲・ニューター:去勢不妊手術・リターン:元にいた場所に戻す)を行っています。

 

この活動は9年前、私が僅か200グラム、手のひら程の小さな黒猫「ちび黒」を瀕死の状態で発見し、保護したことから始まり、これまで活動に共感してくださったたくさんの人たちの支えで今日まで運営をしてきました。

 

2017年には約160匹の猫たちのTNRを行い、猫約40匹、犬1匹を新しい家族のもとに送り出すことができました。現在、シェルターでは48匹の猫たちを保護しています。

 

私が代表の東江です

 

 

飼育放棄され、劣悪な環境で飼育されていた犬・猫たち。

 

私たちが、今回保護が必要な犬・猫たちと出会ったのは、2018年2月のことでした。里親さん宅から脱走してしまった白猫の捜索のために訪れた三芳町で、飼育放棄状態の猫22匹と犬1匹を見つけたのです。

 

掃除されていないケージ

 

合計22匹の猫たちが、庭に置かれた小さなケージに5~8匹ずつ施錠され、閉じ込められていました。雨除けとしてケージはペットフードの袋とガムテープ等で補強されていましたが、掃除はされておらず、周囲には糞尿のにおいが漂っていました。

 

このような不衛生な環境の中で、エサ、水もろくに与えられていなかった猫たちは冬の寒さで弱っており、猫22匹の半数は治療が必要な状態でした。ミイラ化した3匹の猫の死骸も放置されていました。犬は1匹、雨除けにもならないような場所につながれていました。

 

狭いケージの中にたくさんの猫たちが閉じ込められていました

 

衰弱していた猫


現在、朝霞市のシェルターには50匹近い猫たちを保護しているため慢性的な定員オーバーの状態で、三芳町の犬・猫たちを収容するスペースはありません。

 

そのため、私たちは朝霞から餌やりと最低限の衛生管理のために毎日通っていますが、決して良い環境とは言えません。現在、地元の保健所と警察にもご協力いただき、飼育者との話し合いを続けながら、新たなシェルターを開設するために準備を急いでいます。

 

現在、ボランティアが交代で毎日世話をしています

 

 

飼育放棄された22匹の猫と1匹の犬を保護するために、仮のシェルターを設置します。

 

まず飼育放棄状態であった猫22匹、犬1匹を早急に移動させる必要があります。

 

大変ありがたいことに、三芳町内の方が所有されている敷地の一角を1年間お借りできることになりました。その場所に仮のシェルターを設置し、犬猫たちをまずは移動させます。

 

8畳のレンタルコンテナハウスを1つ設置し、22匹の猫を収容できるよう、ケージ、猫用トイレ、エサ、猫砂保管用の物置を設置する予定です。

 

犬の移動場所は現在検討中です。現在の家主の庭に簡単な小屋とドッグランを作ることも考えています。

 

狭い空間では1匹が病気になるとあっという間に伝染してしまいます

 

 

<経費見積金額>
 

□保護猫用ケージ、トイレ、内装用資材購入費用 91,900円

□保護猫の飼育費用(エサ、トイレ用砂購入費用) 501,000円

・22匹の1日のエサ代 4,400円×30日=132,000円×3か月

・22匹の猫砂1か月分=35,000円×3か月

□保護犬の飼育費用 21,000円

・エサ代 1か月分=7,000円×3か月

□保護猫の医療費 220,000円

・初期検査(駆虫薬、猫エイズ白血病検査、ワクチン3種、検便)と去勢不妊手術1匹1万円×22匹

アーポック動物病院が特別にご協力いただけることになりました。

□保護犬の医療費 37,100円

・初期検査(ワクチン8種、狂犬病ワクチン、血液検査)と去勢手術×1匹

□コンテナのレンタル費用(3か月分|運搬・組み立て費用込み) 110,000円

□手数料(税込) 211,140

 

必要金額合計: 1,192,140 円

 

※犬猫の状況によって変動する場合がございます。終了報告にて、領収書等と共にご報告させていただきます。

 

 

仮シェルターの設備費用、飼育費用、医療費等に多額の資金が必要です。急いで犬・猫たちを移動させてあげたいのですが、すでに約50匹の保護している猫たちがいるため、私たちの力だけではこの金額を賄うことは難しく、クラウドファンディングを立ち上げました。

 

全ての猫に幸せに暮らす権利があると思うのです

 

 

この町が抱える問題を、地域に根づいて解決していきたい。

 

今回この件をきっかけに、三芳町地区ではTNR活動への周知がなく、飼い主のいない猫たちにとっては無法地帯であることがわかりました。そのため、猫たちは繁殖し続けています。

 

また、飼い猫であっても去勢不妊手術を受けさせていなかったり、正しい飼養がなされず、虐待に近い劣悪な環境にいる猫たちもおり、厳しい寒さや暑さ、飢えに苦しみ、病気や怪我の治療も受けられず、交通事故に遭うリスクを抱えているのが現状です。

 

これまで朝霞市内を中心に活動をしてきましたが、三芳町の現状を知り、このまま見なかったこととして撤退できません。

 

私たちが三芳町で活動するために、まずはシェルターが必要です。現在、土地・物件探しは始めており、1年以内に正式なシェルターを設置できる土地を入手し、今回設置する仮のシェルターから移設します。そして、そこで譲渡会を開催したり、診療所を併設できるような場を作りたいと考えています。

 

活動概要

 

 

保護するだけではなく、飼い主のケアや飼育の正しい知識広めていくことで、飼い主のいない犬・猫をゼロにしていきたい。


今回のように、犬や猫についての正しい知識が無い状態で「かわいそう」という思いから飼い始め、結果として収拾がつかなくなってしまうというケースはよく見受けられます。この場合、飼い主は虐待をしているという認識が無いことも多いのです。

 

そのため、ただ犬や猫たちを救出するだけでは根本的な解決にはなりません。飼い主がまた同じことを繰り返さないようにサポートをしたり、飼育についての正しい知識をより多くの人に知ってもらう必要があると考えています。

 

この地に根を張りTNR活動を進め、セミナー等で正しい飼い方について指導、啓発を行い、最終的に飼い主のいない犬や猫をゼロに。飼い主とともに、犬や猫たちが終生幸せな生活を送れる社会になるよう、努力してまいります。皆さまの応援・ご支援をお願いいたします。

 

 

動物はモノではありません、大切な命です。
1匹でも多くの犬・猫たちが幸せに暮らしていけるように…

 

 

団体名:特定非営利活動法人にゃいるどはーと

種類:県内NPO法人

法人番号:4030005018361

代表者:東江ルミ子

所在地:〒351-0011 埼玉県朝霞市本町2-11-16保全社あさかビル1F

ホームページ:http://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

ブログ:https://ameblo.jp/rumi31041018/

 

もっとみる

プロフィール
東江 ルミ子
東江 ルミ子
2009年より個人で猫活動を始め、 同年夏に猫保護シェルター(通称:猫ハウス)を立ち上げる。主な活動は猫の保護、TNR 、譲渡、餌やり。 2015年に猫シェルターに隣接した「猫の見える沖縄居酒屋・島風」をオープンし、猫仲間や里親さん、支援者の皆さんとの出会いの場となっている。 2016年4月、クローバーメディアFM 76.7MHz パーソナリティーを努め「猫の事を電波にて発信」を開始。この時より個人から団体の活動を視野に入れ始める。 2017年2月22日NPO法人として動き出し、 同年4月8日にゃいるどはーと設立式を開催。 朝霞市から新たな愛護団体として行政と手を組み朝霞市の愛護改革へと走り出した。

リターン

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【5,000円】三芳の犬猫応援コース

・お礼のお手紙
・活動報告書

▶いただいたご支援の多くをプロジェクトのために活用させていただきます

支援者
65人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【10,000円】三芳の犬猫応援コース

・お礼のお手紙
・活動報告書

▶いただいたご支援の多くをプロジェクトのために活用させていただきます

支援者
68人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【30,000円】三芳の犬猫応援コース

・お礼のお手紙
・活動報告書

▶いただいたご支援の多くをプロジェクトのために活用させていただきます

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【50,000円|企業・団体様向け】三芳の犬猫応援コース

・お礼のお手紙
・活動報告書
・HP・ブログでお名前を掲載させていただきます(ご希望者のみ)

▶いただいたご支援の多くをプロジェクトのために活用させていただきます

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【100,000円|企業・団体様向け】三芳の犬猫応援コース

・お礼のお手紙
・活動報告書
・HP・ブログでお名前を掲載させていただきます(ご希望者のみ)


▶いただいたご支援の多くをプロジェクトのために活用させていただきます

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月
プロフィール
東江 ルミ子
東江 ルミ子
2009年より個人で猫活動を始め、 同年夏に猫保護シェルター(通称:猫ハウス)を立ち上げる。主な活動は猫の保護、TNR 、譲渡、餌やり。 2015年に猫シェルターに隣接した「猫の見える沖縄居酒屋・島風」をオープンし、猫仲間や里親さん、支援者の皆さんとの出会いの場となっている。 2016年4月、クローバーメディアFM 76.7MHz パーソナリティーを努め「猫の事を電波にて発信」を開始。この時より個人から団体の活動を視野に入れ始める。 2017年2月22日NPO法人として動き出し、 同年4月8日にゃいるどはーと設立式を開催。 朝霞市から新たな愛護団体として行政と手を組み朝霞市の愛護改革へと走り出した。

あなたにおすすめのプロジェクト

"みんなが笑える日まで"を目指す保育園を次の世代につなげたい

風の子共同保育園風の子共同保育園

#子ども・教育

3%
現在
95,000円
支援者
5人
残り
81日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする