暑い日が続いていますが、皆様、お元気にされていますか?
ご無理なされず、ご自愛下さいね。


「一人一品」運動に、ご支援頂き、どうもありがとうございます。

一見したところでは伝わりにくい、まちづくりの取組みを応援して下さり、大変うれしく思います。このプロジェクトは、こうして応援して下さる方達、一人ひとりがいらっしゃるお陰で、実行にうつす事ができます。今まで関わりの無かった方たち同士が、この取組みよって、繋がりができていくのもとてもありがたいご縁だなぁ、と感じています。
どうもありがとうございます。


一人一品@岡山県のご紹介

岡山県では、一人一品運動を「みちくさ小道」という名で開催しています。
先日行われた 語り場ー「ババーバー」 をご紹介しますね。


達人は、37年間オーケストラに参加してこられた武本さんです。演奏者と聴衆者が一体となり、音を通じたコミュニケーションを行い、楽しい場を作りたいという思いで、企画されました。
そして私は、初のコーディネーター役として、プログラム内容をつめたり、お店(山手ヴィレッジのビストロna菜さん)を提供して下さるオーナーさんとやり取りをしました。


山手ヴィレッジのビストロna菜さん。営業時間後に利用させて頂きました。

そうした細かなやり取りを通して、今まで行ったこともなかった地域のお店を知り、オーナーさんと顔見知りになって、一緒にプログラムを作りあげる仲間という感覚になりました。
これは、私自信、地域への愛着が湧いてきた、大きな変化でした。

お互いに「」を知っている、「想い」を知っている、一緒に協力し合う「」になれる…。
そういう小さな積み重ねが、自分の地域のことを考えるきっかけになるんだろうな、と思います。また、協力し合った仲であるという縁から、お互いに助け合える仲にもなるんだろうな、と思います。

ビストロna菜さんのお料理も一緒に雰囲気を出して下さいました。
 

演奏者も聴衆者も音楽を通して、楽しい時間を過ごせました。
 

ステキな音色が聞き手の心に響きます。
 

最後はみんなハッチャけた気持ちで記念撮影。
 

地域コミュニティの一人であるという気付き

「一人一品」運動を通して、地域の事を考える人、地域に住んでいる人のことを考えられる人が増えてきました。本当に、一人ひとりという小さな気付きの積み重ねですが、地域コミュニティには大切な過程で、実は大きな力を宿しているのでは、と思っています。
岩手県の遠野は、岡山県という土地からはとても遠い場所ですが、震災後、「遠野まごころネット」さんの取組みは、岡山にも届いていました。出産直後で何もできないと思っていた「私にもできる事があるんだ」と気付かせて下さいました。

遠野へ想いよ、届け

今度は、岡山から遠野へこの想い、この取組みを届けたいです。
そして、地域コミュニティが元気になってほしいです。全国が、そして世界が注目している遠野が顔の見える関係となり、元気な姿をみれるのは、私たちにとっても喜ばしいことです。
この取組みは、まだまだ一部の方にしか届いておりません。もし、ご賛同頂けますようでしたら、この記事をシェアして、ご友人に伝えて下さると、とても嬉しく思います。私にとってはクラウドファンディングは初のチャレンジで、とても小さな力ですが、皆様と一緒に力を合わせると、大きな想いとなり、人の心に響くものになっていくと信じています。


ご縁に、心から感謝申し上げます。
NPO法人吉備野工房ちみち 
コーディネータ&事務局
大岡 愛

新着情報一覧へ