【第12弾】開場100周年、大阪松竹座の歴史を紐解く資料を未来へ。

支援総額

2,687,000

目標金額 2,500,000円

支援者
196人
募集終了日
2023年10月25日

    https://readyfor.jp/projects/ootanitoshokan12?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note
2023年10月12日 11:36

『松竹座ニュース』ご紹介その4 表紙絵を描いた人たち(その2):サインのある表紙絵について

お早うございます。松竹大谷図書館の武藤祥子です。

 

現在127名の方から157万5千万円のご支援をいただき、達成率が63%となりました。プロジェクトの募集終了まであと13日!演劇・映画を愛するお知り合いがいらっしゃいましたらぜひプロジェクトをご紹介下さい。ご協力・応援を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

さて、10月11日の活動報告に引き続き、「松竹座ニュース」の表紙絵についてのご紹介です。

 

今回は、表紙絵にサインが入った「松竹座ニュース」を画像でご紹介します。これらのサインが入った表紙絵は、誰が描いたのか調査が進んでいません。この度デジタル化することで、サインの人物が判明するきっかけになればと思っております。

 

それでは大正末期より昭和初期まで、年代順にご紹介いたします。

 

image.png

II-XX号(大正13(1924)年5月16日):絵の右下にサイン「SHO」。この時代に複数の表紙絵を描いている人物。「SHOCHIKUZA NEWS」の「O」の中に点があるなど特徴がみられる

 

image.png

VI-XII号(大正15(1926)年3月18日):中央下やや左にサイン「MAXIM」。右に縦書で「踊る」と画題あり、続いて「直」あるいは「真」のようにみえる漢字(不明)があり末尾に「画」と書かれている。この漢字のサインは他の表紙絵でも見られる。この年はこの人物による表紙絵が多い。

 

image.png

VI-XXI号(大正15(1926)年 5月21日):左下にサイン「m」。同年に見られる「MAXIM」の絵と同一人物か。右に「活動寫眞映寫機械の或る一部分」と画題の印字あり。

 

image.png

VIII・V号(昭和2(1927)年1月27日):左下に「KAWA.」。舞台装置を描いたような抽象画に見えるか。

 

image.png

VIII・VII号(昭和2(1927)年2月9日):左下に「K.」。タイトルの表記が「KAWA.」と似ている。

 

image.png

11-9号(昭和3(1928)年 9月 6日):左下に「SIWG」。喜劇的で明るい画風。

 

image.png

11-24号(昭和3(1928)年12月20日):左下にサイン「霆(テイ?)」。「狂想曲」と画題あり。

 

image.png

12-1号(昭和4(1929)年1月1日):右下にサイン「TEI」。タイトルの描き方が同じのため、上の「霆(テイ?)」と同一人物か。

 

image.png

12-6号(昭和4(1929)年1月31日):右端中央にサイン「YASU」。ポップでモダンな印象。

 

image.png

12-12号(昭和4(1929)年3月14日):右下に「Sewge」。裸体の抽象画か。膝にギターのような楽器を抱いているようにも見える。

 

image.png

12-16号(昭和4(1929)年4月11日):右下にサイン「YO(S?)IO」。優しく可愛らしい作風。

 

image.png

15-22号(昭和5(1930)年11月27日):左端中央やや上にサイン「Take(sh?)i」とあり。サインの上に「或る百貨店の廊下」と画題が印字されている。

 

image.png

15-23号(昭和5(1930)年12月 4日) :顔の右側に「OKA」とサインあり。昭和6(1931)年にも作品が見られる。他に「oka」と記されたものも。シャープな印象の絵が多い

 

image.png

SP.27(昭和7(1932)年1月14日):右下に小さく「OK」とある。巻号の左横の「SP」は「松竹パラマウント(松竹パ社興行社)」の略称

 

image.png

SP.79(昭和8(1933)年 1月15日):中央下に「TEI-(?)RO」

 

いかがでしたでしょうか?サイン別に表紙絵を見ていくと、それぞれの作風がわかってきてとても興味深いと思います。それと同時に、これだけ多くの人々が、毎週発行される「松竹座ニュース」に関わっていたこともよくわかります。また、サインが無い表紙絵も、タイトルの描き方や絵の作風を見比べることで、情報が得られるのではと考えています。今回デジタル化を行うことで当時の美術に関する研究に貢献ができれば、と願っています。

 

ぜひ、皆さまのお力添えをいただければ嬉しいです。

リターン

3,000+システム利用料


alt

活動報告+サンクスメール+HPにお名前掲載

■サンクスメール
■松竹大谷図書館HPへのお名前掲載(ご希望の方のみ)
■報告書(2024年4月末に送信予定)

支援者
28人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年4月

5,000+システム利用料


松竹大谷図書館開館65周年記念オリジナル文庫本カバー

松竹大谷図書館開館65周年記念オリジナル文庫本カバー

3,000円のリターンコース内容に加え、
■オリジナル文庫本カバー 松竹大谷図書館開館65周年記念ロゴのデザイン2枚1組

支援者
49人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年4月

10,000+システム利用料


オリジナル文庫本カバー+台本カバーにお名入れ

オリジナル文庫本カバー+台本カバーにお名入れ

5,000円のリターンコース内容に加え、
■台本カバーに支援者様のお名前をお入れします
【歌舞伎・新派台本】【映画台本】【寅さん台本】の3つの作品リストより、ご希望の1作品の「台本番号」と「タイトル」を応援コメントかメッセージでお知らせください。

※作品リストはプロジェクト本文「リターンについて」の台本カバーの説明部分にリンクがございます。
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします。

支援者
67人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年4月

10,000+システム利用料


alt

【1万円 全力応援コース】

こちらのコースは、いただくご支援のほとんどをプロジェクトの実行費として使わせていただきます。

■サンクスメール
■松竹大谷図書館HPへのお名前掲載(ご希望の方のみ)
■報告書(2024年4月末に送信予定)

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年4月

30,000+システム利用料


オリジナル文庫本カバー+台本カバーにお名入れ+オリジナルクリアしおり

オリジナル文庫本カバー+台本カバーにお名入れ+オリジナルクリアしおり

10,000円のリターンコース内容に加え、
■オリジナル組上燈籠絵クリアしおり
組上燈籠絵「歌舞伎座新狂言侠客春雨傘中之町場組上ケ三枚續」の登場人物と「組上燈籠付属絵」の引幕をデザインに使用したオリジナルクリアしおり
※ デザインは全て同じです。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年4月

50,000+システム利用料


松竹大谷図書館見学会(歌舞伎記録映像上映付き)+オリジナル文庫本カバー+台本カバーにお名入れ+オリジナルクリアしおり

松竹大谷図書館見学会(歌舞伎記録映像上映付き)+オリジナル文庫本カバー+台本カバーにお名入れ+オリジナルクリアしおり

30,000円のリターンに加え、
■松竹大谷図書館見学会にご招待
【2023年11月30日(木)開催 午前(15人)/午後(15人)】
「午前」か「午後」のご希望をお選び下さい(ご希望は先着順)

※11月30日に見学会に参加出来ない方には予約制で、松竹大谷図書館の書庫を1時間ご案内するガイドツアーへの招待券をお送りします
有効期限:2023年12月~2024年7月の平日
(開館日及び整理休館中)
※台本カバーの作品のご希望について、今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします。

支援者
9人
在庫数
20
発送完了予定月
2024年4月

50,000+システム利用料


alt

【5万円 全力応援コース】

こちらのコースは、いただくご支援のほとんどをプロジェクトの実行費として使わせていただきます。

■サンクスメール
■松竹大谷図書館HPへのお名前掲載(ご希望の方のみ)
■報告書(2024年4月末に送信予定)

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年4月

記事をシェアして応援する

    https://readyfor.jp/projects/ootanitoshokan12/announcements/290614?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る