性風俗においては、PrEP服用を理由にコンドーム無しでやりたがるお客さん対策、
PrEPでは避妊やHIV以外の性感染症予防はできないことの周知が必要です。


なおかつ、PrEP所持が警察によるセックスワーク摘発の根拠とならないよう、
全てのセックスワーカーがセクシュアルヘルスのコントロール権を保障される環境を整えることです。


今後それらの問題も含めて、PrEPに関して議論を始める良い機会となる事を願っています。

 

要友紀子(SWASH代表) 

SWASHホームページはこちらです http://swashweb.sakura.ne.jp/

 

新着情報一覧へ