Pumpitのページを見にきていただいてありがとうございます。

 

Pumpitに所属している吉牟田です。皆からは「むた」とか「お猿」と呼ばれています

 

僕は去年の春にも学校を建設して来ました。

今回で学校建設に関わるのは2回目(お手伝いを入れると3回目)です。長い間このプロジェクトに関わって来て考え方も変わって来ました

 


 
Pumpitは「カンボジアに学校を建てることを目標に活動する学生プロジェクト」ですが、他にも多くの側面を持っていると思っています。

 

イベントを開いて参加者を楽しませる側面、学生のやりたいことを実現させる側面、カンボジアの子供と日本の学生との出会いを生む側面、などなど。

 

 
自分が大事にしているPumpitの側面は、社会に対しての側面です。

 

カンボジアに対する思いは他のメンバーも多く語るところなので、今回は僕がPumpitが社会に与える影響について書きたいと思います。
 


今僕たちは「カンボジアの教育問題」を「学校建設」によって解決しようとしています。
 
他の国ではなく、カンボジアの問題を解決したいと思った理由は、カンボジアに初めて行った時に物乞いの子供に出会ったからです。

 

教育問題って言っても、その問題に対して、日本の教育を受けて来た僕が感じる深刻度、カンボジアの人たちが感じる深刻度は違うでしょうし、

「教育を受けることがカンボジアの子供たちの可能性を広げる」っていう考え一つとっても僕の先入観とか価値観とか知識とかに多分に影響されています。

 

学校建設っていう解決方法も、僕たちの思いつく範囲、実行できる範囲のものでしかありません。

 

 
でも「他の国じゃなくてなぜカンボジアなの?」とか

「教育って本当に必要なのかな?」とか

「学校って必要なの?」っていう質問に全て答えていたら

 

いつまでも行動できません

 

 
実際僕も1校目の学校を建てた時はこういう質問に答えられなくて自分の活動に自信が持てませんでした。
 


しかし今、僕は「今の自分が考える、現状ベストの方法で自分が問題だと思ったこと、苦しんでいる人がいるって思ったことに対して一つ一つ行動していくしかない」って思っています。

 

頭で考えすぎて、せっかく問題に気づいても行動できない

 

そんな人たちがもっと自分の思うようにやってみることができる社会になれば、社会問題の総数って減っていくんじゃないかなと考えています。
 

 


僕たちPumpitは「とりあえずやってみる」くらいの気持ちで(無責任とは違います)社会課題に取り組む姿勢を社会に対して発信しています。

 

カンボジアへの教育支援を通して、同時に他の問題も解決に近づけられている

ここがPumpitの魅力的なところではないかな、と自分で自分の団体を褒めてみます。
 
カンボジアの子供たちの笑顔を見るのと同じくらい、僕たちの活動によって少しでも社会が変わって、より多くの人が社会の理不尽、不平等から解放され、笑顔になることを楽しみにしています。


読んでいただきありがとうございます。

 

ご協力、ご声援いただけたら嬉しいです。

 

 
Pumpit 3rd  吉牟田真之

 

新着情報一覧へ