プロジェクト概要

 

<追記:8月16日 ネクストゴール達成のお礼と今後について>

 

80万円のネクストゴール達成、本当にありがとうございます。これまでは、多頭飼育崩壊の猫達の治療費、ネクストゴールでは飼育費6か月分とご支援いただいてきました。今回はさらにお願いがありサードゴールを設定させていただきたく追記させていただきました。

 

金額としては120万円を目標として募らせていただきます。さらに資金が必要な理由としては、猫達が快適に過ごすことのできる環境の整備です。現在、ご寄付でいただいたゲージ、自腹で買い足したゲージに猫達はいます。やはり狭いところにいてもらっていて本当に心苦しいです。つきましてさらにゲージの買い足し、猫トイレの追加、食器も1匹ずつに行き届いてないので購入したいです。それら確保のためのご支援をお願いしたく思います。

 

ゲージは1匹用8,000円、2匹用14,000円です。願わくば1匹用10個、2匹用6個欲しいです。トイレは約1600円で、ゲージに合わせて16個欲しいです。食器は100円のものを買わせていただきます。30個あれば足ります。また、現時点で、狭いゲージなので、暴れて猫砂やご飯などが散乱していたり、下痢や軟便の猫達もいて、床がひどいことになっています。今はブルーシートでしのいでいますが、できればこれらを綺麗にするため、クッションフロアというシートをひきたいのです。それを敷くことによって、掃除がしやすくなります。一部自腹で導入していてとても衛生的だという判断のもとで、そちらが約5万円です。合計で約24万円です。

 

残りの金額は、里親さんが決まらない期間、1か月5万円の飼育費を、できるだけ多く必要としています。重ねてにはなりますが、猫達が暮らすに困らないよう、今一度ご支援をよろしくお願いいたします。

 

※プロジェクト実施終了後、当初の目標を上回った資金の使途用途もご報告させていただきます。

 

_________________________________________________

 

 

<達成のお礼とネクストゴールについて(726日追記)>

 

皆さまのおかげで公開7日目で目標額を達成することができました。本当に感謝・感謝でいっぱいです。心よりお礼申し上げます!

 

治療費やフードなどの費用のため、【ネクストゴール80万円】を目指すことにいたしました。 引き続きご協力をお願いいたします。

 

治療や里親さがしは長期化すると思われます。数か月で終わるわけではありません。調べたところ、エイズキャリア、白血病キャリアの猫がいました。保護した成猫はほとんどエイズキャリアでした。成猫で、しかもキャリアの猫達は里親さんを探すのもなかなか大変な状態です。キャリアのない猫にうつさないように工夫も必要です。すぐに募集できる猫もいれば状態の悪い猫達は治療に時間がかかり、いつになったら里親募集できるのかわからない猫もいます。先が見えないですが、一歩一歩進んでいくしかありません。

 

猫たちが幸せと安心をつかむことができるまでの必要な費用のご協力を再度お願い申し上げます。

 

猫の多頭飼育崩壊。猫たちに健康な生活を送らせてあげたい。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。猫スペースファズの長田紗弥加(おさださやか)と申します。不幸な猫ゼロを目指し、調布市で猫のTNR活動(捕まえ、避妊去勢し、元の場所に戻す)を行なったり、市と連携して猫に関する相談や、よりよい環境にするべく話し合いを設けたりしています。

 

その活動をしながら、譲渡型保護猫スペース(※)を運営しています。ここにいる猫たちは、もともとは野良だったり、捨てられたりしていました。殺処分されてしまう前に、保護をして預かっています。条件はありますが気に入った猫を引き取ることもできます。しかし活動資金はフリーマーケットで集めるか、自腹を切るかのどちらかで資金繰りはとても厳しいのが現状です。

そこで多頭飼育崩壊の59匹の猫たちに、健康状態改善や避妊去勢手術などを行なう資金の一部として、40万円が不足しています。どうか皆さんご協力いただけないでしょうか。

 

※譲渡型保護猫スペースとは

 

成猫たちは里親会など慣れない環境に行くと委縮してしまい、本来の姿を見せることができず、里親さんが見つかりにくいのが現状です。猫が慣れている場所で人と触れ合ってもらい、里親さんを探したいという願いが形になりました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
多頭飼育崩壊の現場です。1歳くらいの子たち避妊去勢していないのでゲージから出ることができません。

 

 

「かわいそうで保護してしまったけど、お金がないから満足にごはんがあげられない。」

 

ロジェクトのきっかけは、調布市の動物病院からのご相談でした。

 

「Aさんという方が、たくさん猫を飼っているようだけど、連れてくる猫は健康状態がとても悪くガリガリなんです。飼っている数は20匹くらいだったのですが、この1年で40匹くらいに増えているらしい。昼も夜も働いて猫に尽くしているけど到底お金が追いつかず、避妊去勢をさせることもできない。治療も末期になってから連れてきていて、何匹も亡くなっている。なんとかそれを止めるのに協力してほしい」とのことでした。

 

栄養状態が悪く、ガリガリでとても弱っています。疥癬があり現在治療中です。

 

今のところ子猫たちを15匹、成猫を7匹こちらに引き取り保護しています。子猫、成猫ともにがりがりでノミ、カビ、ダニもひどいです。使用した猫のキャリーはひどいにおいになってしまいました。また保護した猫を撫でたりすると、肌がかゆくなってしまいます。こんな猫たちがあとどれだけいるのかと思うと気が遠くなります。

 

また、去年生まれた猫たちは一度もゲージから出ることができておらず、先日は一匹の猫が突然死しました。これ以上数を増やさないため、オス、メスわけてゲージに入れていました。でも避妊去勢に連れていくお金もないので一年そのままなのです。また、何回やっても捕まえることのできないオス猫によって、また生まれてしまうという事態が起き、収集がつかなくなっています。

 

そんな状況なのにどこかで生まれて保護した子猫を引き取ってしまうAさん。とてもやさしい方なのです。保護する余裕はありませんが、見捨てられず、自分の生活費を削っても保護してしまうのです。でも助けてくれる人もいなく、いじめられ、そのせいで人を信じられなくなりました。なんとか助けてあげたい、このままでは人も猫も不幸になると思いました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ノミやカビによりひどい状態です。

 

 

家にいるすべての猫たちの健康状態の回復と不妊手術を行います。

 

今回いただいたご支援は、猫の保護活動費用の一部として使わせていただきます。

具体的には、59匹の猫を助けるために、去勢していないオスや避妊していないメスの治療を行い、健康状態を改善するためにノミダニ治療やワクチン摂取などを行う予定です。

 

【1匹の治療にかかる最低限の費用】

ノミダニ駆除薬   1,500円

エイズ、白血病検査 2,500円

3種混合ワクチン   2,500円

計         6,500円

6,500円×約59匹=383,500円

 

上記に加え不妊手術、風邪薬、入院費など200,000円以上かかります。

 

継続して投薬が必要な猫もいます。子猫たちはよくなったり悪くなったりを繰り返しています。一刻も早い治療が必要です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
捕まらない母猫たち。捕獲器を使って保護します。


 

1匹でも多くの猫が幸せになってほしい。

 

猫たちを健康な状態に戻すことができたら、譲渡会などを開き、新しい飼い主さんを見つけてあげたいです。そして新しい飼い主さんのもとで、幸せになってほしいです。

 

今後としては、家の中もノミ、ダニ、カビがひどいので、すべての猫たちを一度引き取り、家をきれいに掃除します。どうしても慣れなかったりやお年寄りだったりで、環境を変えるのが負担になる猫は、きれいな状態にした家に戻します。Aさんのことは見守り続け、今後、多頭飼育崩壊を繰り返すことの無いようにコミュニケーションをとっていきます。

 

多頭飼育崩壊の現場はまだまだありますが、当人のSOSはもちろん、周りの人も気づいてあげないとなくなりません。現場はお金も労力もかかります。それでも、ご支援をいただきながら、不幸な猫ゼロを目指していきたいです。皆さまどうかご支援よろしくお願いします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
この現状を変えていきたいです。

最新の新着情報