プロジェクト概要

 

東日本大震災から8年。未だ復興を見ない福島の人々の心に音楽を届けたい。

 

福島県二本松で、第5回目を迎える、震災後から始まった音楽会の運営を支えていただけないでしょうか?

 

子供たちの活動の様子の動画をご覧ください

 

 

3.11直後から支えてくださった二本松で、過去4回、子どもに音楽を贈るコンサートを開催してまいりました。

 

こんにちは。子どもに音楽を贈る会代表の原田雄一です。私は、東日本大震災を機に、浪江町から二本松市に避難し、お世話になっています。


二本松市は浪江町の隣接自治体として私達を受入れてくださいました。浪江町役場を始め浪江町商工会等の事務所もほとんど二本松市に設置され、町民も震災直後は約3000名ほどがお世話になりました。

 

二本松に避難してからは現在の「子どもたちに音楽を贈る会」の設立に加わり、毎年コンサートを実施してきました。

 

そして、この度第5回目となるコンサートを11月23日に開催しました。しかし、赤字部分が大きく、このままではこの先の活動に影響が出てしまいます。「子どもたちに音楽を贈る会」のコンサートが二本松でずっと続いて行くために、みなさまのお力をお貸しいただけないでしょうか?

 

♪神奈川県にて♪

 

 

誰かのために歌うことで成長して行く子供たち。そして、継続開催は、地域にオーケストラ演奏の音楽イベントが根付くきっかけとなりました。

 

あの震災時、本当にこれからどうなっていくのかもわからず、その日その日を仮設住宅で暮らしていました。そのような状況の中、浪江町民がお世話になっていた杉田地区の仮設住宅に、杉田小学校合唱部の皆さんが何度も励ましのミニコンサートで訪れてくれました。


「この子どもたちにオーケストラをバックに歌ってもらいたい」「これまで励ましていただき、お世話になった二本松市の特に子どもさんにオーケストラの生の音を聴いてもらいたい」

 

当時ご支援いただいておりました東京日本橋ロータリークラブと東京渋谷ロータリークラブからご協力をいただき、長岡交響楽団のご協力も得られ、第1回のコンサートを開催致しました。

 

子どもたちと先生の想い

 

その後、会の中の合唱団として、子供たちを呼んでもらうことが多くなっていきました。目の前で歌い、その反応を目の当たりにする経験を重ねる中で、子供達の「誰かのために」という気持ちは強くなっていきました。

 

自信をつけ、劇などで適応力が着き、いろんな場所に行き、学習する事により同じ世代の子どもたちとも交流し、自分の考えを主張する仕方も持ち得てきました。

 

気がつけば、5年続けて開催することができ、オーケストラの演奏がなかった二本松に音楽が根付くようになってきました。

 

♪神奈川県にて♪(コンサート終了後感謝の気持ちにかえてフォワイエでお見送りの歌を歌っています)♪

 

 

子どもたちの成長にもつながるコンサート。今後もずっと開催を続けていきたい。

 

今、東日本大震災の色々なことが風化してきています。そのような状況の中、未来の時間が長い子供達が一緒になって活動することによって、震災を忘れないということをコンセプトにしています。

 

自分達の原点を見据えながら、次の生活へ。先生と子供達が一緒に活動できるうちは、ずっと続けていきたいと考えています。

 

ですが、今回の開催では昨年まで得られていた協賛をいただくことができず、大きな赤字が生まれてしまっています。合唱団の子供達の活動は続けていけますが、このままでは、コンサートで大切なオーケストラが呼べなくなってしまうなど、今後の活動に大きな影響を与えてしまうかもしれません。

 

震災から7年目となり支援の形にも変化があるのは仕方ないことです。それでも、広く多くの個人の方たちに、震災後から懸命に現実と向き合い歌で心を繋ぎ成長してきた福島の血の通うの子どもたちの活動を知っていただきたいと強く思っています。

 

今後もずっと活動を続けて行くために、今回のコンサート開催で生じた300万円の赤字を補填するために、皆様のお力をお菓子いただけないでしょうか?

 

♪平成26年11月第1回子どもに贈る音楽会(福島県二本松市立杉田小学校合唱部)♪
♪同日「しあわせ運べるように」を歌いながら復興を願う子どもたち♪
♪神奈川県にてリハーサル風景♪
♪平成26年11月子どもに贈る音楽会アンコールにて(オーケストラ指揮者・横島勝人氏と共に)♪

 

 

 

福島から皆様へしあわせ運べるように…

 

子供達にとって大切なのは、オーケストラの演奏の中で歌うことです。子供達は、自分がなんのために歌うのか、誰のために歌いたいのかというのがはっきりしています。それがなくなってしまえば、やる意義がなくなってしまう。ただ、オーケストラを呼ぶのにお金がかかります。

 

震災後子どもたちの身に降りかかった様々な出来事は、8年が経とうとしている今でも育った子どもたちの心を不安定にさせてしまっていることが多くあります。

 

震災当時子どもを守ろうと必死で動いた大人たちがいて、その必死な様子をじっと見つめていた子どもたちがいました。その子どもたちが思春期に差し掛かり、揺れ動く自分の心をどうすることもできず葛藤が始まっています。

 

今後もずっと音楽会を開くことによって、思いを寄せてくださるオーケストラの方々と一緒に、8年を迎えても未まだ復興を見ない人々の心の為に共に前を向く歌声を届けたいと強く願っています。
 

福島の、二本松のために、そして子ども達のために、皆様のご協力をお願いします。

 

♪コンサート終了後の記念撮影♪ (私たち合唱団の記念撮影は、
「しあわせ運べるように~!」の「に~♪」の言葉で笑顔を作るようにしています♪

 


最新の新着情報