プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

発達特性により「学びにくさ」を持つ子どもたちが、

明蓬館SNEC長野で自分のペースで学べるような環境を作りたい!

 

はじめまして!SNEC(すねっく)長野センター長の清水由佳と申します。私は元行政の保健師として13年間働いていました。しかし従来志向の組織の中では、保健師という立場として、もっと視野の広い、職業にとらわれない変革をしたくても「保健師の仕事ではない」ということで行うことはできませんでした。新しい事業に対する寛容性が弱い環境に、自分が身を置くべきなのか疑問を頂いたのです。

 

そこで、行政の中にいるよりも自由度がある民間で、社会課題を解決していきたいと思い活動をはじめました。現在は発達特性があって特別に支援が必要な子どもたちや、うまく学校になじめない子どもたちのためのデイケアを行っています。この度はそんな子どもたちが安心して学び、自分の進路を選択していける施設として、福岡にある明蓬館高等学校のサポートセンターを長野県にも作ります!

 

しかし、教育施設の整備の一部として100万円が不足してしまっております。
どうか、ご支援・応援をお願い致します!

 

あっちのカメラに向かってハイチーズ!

 

発達障害を持った子どもたちにとって
継続的な学びの機会が不足している


支援を求める子どもたちが後を立ちません。

 

通常の学級に在籍する中学3年生のうち、発達障害等ある生徒は約2.9%で、そのうち75.5%が高等学校に進学しています。また通信高校に在籍する発達障害等困難がある生徒は15.7%と文部科学省の調査が出ています。私たちはこのように発達に課題がある生徒や、支える保護者からの声を受けて、「発達凸凹があって、学校になじめない生徒たちのデイケア」をメンタルクリニックで行っています


しかし、支援を求める方があとをたたないことや、継続的な個別支援を求める声が増えていること、子どもたちは「学ぶこと」を求めていますが、医療圏内のデイケアでは継続的な学習の機会が保障できない状況です。また、高校生活の中で、自分の未来を想像することができず、次の道を描けないまま高卒資格を取るのみという状態になっています。

 

子どもたちは「学ぶこと」を求めています。

 

自分の進路を選択していける施設
SNEC長野」を立ち上げます!

 

本人に適したオーダーメイドな支援体制

 

SNECは「発達特性等があって特別に支援が必要な子どもたち」を対象に、eラーニングを使った学習と心理支援と発達支援のできる職員体制を作ります。わたしたちは子どもたちが自分の未来を想像し、そこに向かって歩めるように、なるべく就労を視野に入れた通信高校サポートセンターを立ち上げることになりました。しかし場所の確保は叶っても改修する費用が不足しています。

 

対象の子たちは一人ひとり違う状況のため、心理検査に基づく生徒の特性のより深い理解と、個別教育支援計画(IEP)の実施が何よりも望まれます。また、オンライン学習機能を活用して学びの機能を確保し、集団行動に苦手・こだわりがあって「学びにくさ」を持つ子どもたちに、自分のペースで学ぶ機会を提供していきます。

 

机に向かうだけではなく、体を動かします!

 

職業にとらわれない変革を求めて、
行政の保健師を辞めました。


ここに留まっていては夢は叶わない。


冒頭でお伝えしたとおり、わたしは元行政の保健師をしていました。行政の中だと、新しいことを行うのに非常に時間がかかります。従来志向の組織の中では、「なぜわざわざそんなことをしなくてはいけないのか?」「平等ではない」等の意見により、新規事業を見込むことや、今まで行ってきた事業を切り捨てることが難しいという事例が多いように感じました。


また保健師という立場上、もっと視野の広い、職業にとらわれない変革をしたくても「保健師の仕事ではない」ということで行うことはできませんでした。山間地を担当していたときに、住民の方と「どう生きたらもっと笑顔になれるかね」という話をたくさんしたことが、今の私のモットー「ゼロ百スマイル」に通じています。その答えを出したときに、「私が行政の中にいてはやれない」と思ったのです。

 

 

「ゼロ百スマイル」をモットーに活動をしています!

 

SNEC長野は発達特性のある
こどもたちのための居場所です。


一人ひとりが過ごしやすい環境づくり

 

発達特性がある子たちは、視覚優位(目の前のものにつられやすく、視覚刺激が混在する環境だと集中しにくい)が多く見られます。対人緊張が強く、隣の人とスペースが分かれていないと苦しいという子もよく見られます。一般の教室形態だと視覚情報が多すぎて落ち着かない、隣の人のPCが同時に目に入ると集中することができないことがあるため、自分の居場所が確保できる個別のブースが必要です。

 

また、SNECでは東口メンタルクリニックで思春期メンタルサポートをしているスタッフ(清水)が、医療者としての目でもしっかりと対応することが出来ます。また、本人が集団療法(デイケア)を望めば、同スタッフが行っているデイケアへの参加も可能です。新たの人間関係の構築が苦手な子であっても、知っている先生が行っている場所であれば、比較的安心感を持って通うことができると考えています。

 

 

目指すものは「個性」という
羽を伸ばせる自由な学校


地域の連携から子どもたちを支えていきます。

 

今回のプロジェクトを通して、子どもたちの学習の保障と自立した生活を送れるように支援しつつ、個性を伸ばす場を提供することで、笑顔で過ごせる親子が増えると思います。また、SNEC長野は医療・福祉・教育が連携して支えあい、それぞれの視点から支えていくことにより、より手厚いサポートができます。

この場をお借りして、このような活動をしている私たちを知っていただき、悩んでいる方が一人で悩まないでいいように、たくさんの方と繋がり、少しでも多くの笑顔を増やしていける世界を作っていきたいと考えています。今後もSNECだけではなく子どもたちを支えていく場を作っていきたいと考えています。

 

ぜひ、みなさまの応援をお願い致します!

 

ホームページはこちら:http://snecnagano.com/

 

リターンの説明


ご支援いただいた方にお渡しいたします!

 

3000円ご支援いただいた方には、サンキューレターをお届け。

10000円ご支援いただいた方には、

サンキューレター/SNECおたより

30000円ご支援いただいた方には、サンキューレター/SNECおたより/木製ドネーションタイルに名前を刻印し、教室に掲示

100000円ご支援いただいた方には、サンキューレター/SNECおたより/木製ドネーションタイルに名前を刻印し、教室に掲示

+(企業向け)SNECおたよりやFacebookに広告を載せる

+(保護者向け)入学金5万円免除

 


最新の新着情報