こんにちは。
今日は現在里親募集中の「みこちゃん」を紹介させていただきます。

昨年鹿児島市で、猫カフェの経営者が猫を放置したまま失踪するという悲惨な事件がありました。


事件発覚後、関係者以外では初めて、私は愛護団体のスタッフとして現場に入りました。その時の猫たちの表情は今でも忘れることはありません。
過酷な環境で生き延び保護された13匹のうち12匹は、里親さんに譲渡することができました。今でも里親さんとの出会いを待ち続けている最後の1匹が三毛猫のみこちゃんです。
 


みこちゃんは、保護当時とても警戒していて噛みついたり猫パンチをしたりと、「里親探しができるだろうか・・・」と心配していました。
過酷な生活を経験したことが人間に対して不信感をうえつけたのだと思います。少しずつ少しずつ信頼関係を築き、今では本来の性格に戻り、とても人なつっこく甘えん坊になりました。
 


個性的な配色で少し表情がきつく見えるかもしれませんが、飼い主さんべったりになるのは間違いありません。
『そら猫』に来て約10ヶ月、できる事なら新しい店舗に引っ越すまでに里親さんとの出会いがあればと切に願っています。
 


プロジェクト開始5日目!達成率42%
達成できるよう最後までがんばりますので、応援よろしくお願いいたします。


 

新着情報一覧へ