今回のクラウドファンディングに参加してくれている、スペイン出身の建築家に石巻の第一印象と可能性について聞いてみました!

 

(本人による英語本文は下にあります。)

 

今まで石巻には2回ほど行ったことあります。石巻に訪れる度に新しいことを学んでいるような気がします。日本の都会と日本の田舎、古い文化の保存と新しい文化の創出、そして復興と活性化について。

 

地方創生パートナーズのおかげで、日本各地の田舎で様々な活動に取り組んできました。しかし、その中、課題解決のためにイノベーションを活かした活動、持続可能な社会構築の可能性、そして町における社会起業家精神という点では、石巻は一番印象に残りました。東日本大震災から7年が経ち、傷はまだまだたくさんありますが、復興や活性化に向けて町全体が動き出しています。多くの人が起業し、様々な課題解決に取り組んでいます。町の活性化を促すためにイノベーションというツールを活かして、大都会では見られないとても人間的で、且つ持続可能な方法で活動する人が目立っています。

 

石巻は大都会の堅苦しさと剛性からはずれ、より創造力が働きやすい自由な環境を作ろうとしています。町の景色が常に変わっている、面白い町です。

 

そういう意味では、どんな専門の人でも、石巻では興味を惹き付けるようなものはきっとあるでしょう。IRORIカフェ、石巻工房、隣の女川町など、起業家精神、そしてイノベーションの実践を肌で感じられる場所はここにあります。災害から復興するだけでなく、様々なアイデアからできた新しい町の形を教えてくれます。

 

この町の未来は、分野を超える様々な人による協力、新しい創造力、そして起業家精神で進んでいくでしょう。そして日本だけでなく、世界のためになる新しいモデルがここで出来上がりつつあると思います。次に訪れるとき、更に進化している石巻を楽しみにしています。

 

 

(Original English Version Below)

 

I have been in Ishinomaki two times, and I feel that with each visit I learn more and more. About rural and urban Japan. About conservation and innovation. And very especially about recovery and rehabilitation.

 

Thanks to Sosei Partners, I could participate in several projects in rural areas of some prefectures, but Ishinomaki has deeply marked my opinion on entrepreneurship and the possibilities of carrying out innovative and sustainable actions in Japan. The disaster of 7 years ago radically changed the activity of the city, and although its scars are still present in many points, the rehabilitation process has encouraged the participation of entrepreneurs with great ideas. Innovation has become a tool with which to relaunch urban growth, but from a more human and sustainable way than the one that we usually see in large cities.

 

I think Ishinomaki moves away from the automaton and rigidity typical of big cities, creating a more friendly and enterprising space, where it is also possible to enjoy the seasons in a unique landscape.

 

Therefore, whatever your field of study is, I think you will find much to learn in Ishinomaki. Spaces such as Irori Cafe, Ishinomaki Lab, and the nearby city of Onagawa are references for entrepreneurship and innovation for Japan and the entire world. They teach us that it is possible to recover from a catastrophe successfully, and that it is possible to create more friendly cities, where all kinds of ideas can be possible.

 

I have no doubt that the future of this city goes through this path of cooperation, innovation and entrepreneurship, and that it will become a benchmark for the rest of the country. Every time I visit it, her future seems more and more brilliant.

新着情報一覧へ