みなさん、こんにちは!

 

本プロジェクトの実行者、SPUTNIK Internationalの、秋沢淳子です。

今日3月18日(水)、みなさんの応援と支援で日本への留学の夢を叶えた、スリランカの高校生、ハンサニが、来日します!

 

春らしい暖かな天候に迎えられ、本日、ハンサニと共に成田の東京国際空港に降り立つ受入生は、200人以上。各国からやってきた高校生たち同様、ハンサニもさぞ期待に胸を膨らませていると思います。

 

今日、成田に一泊したハンサニは、明日19日にバスでオリエンテーション会場のある名古屋に移動。そこで来日時のオリエンテーションを受けたあと、いよいよ

3月21日(土)には静岡県のホストファミリー宅に迎えられます。

 

プロジェクトを応援、支援してくださった皆様に改めてお礼を申し上げます。

 

ハンサニ、そして受入生を家族として迎えて下さるホストファミリーのみなさん、クラスメートはじめホストスクール、そして地域で支えてくださる各AFS支部の皆様。1年間、どうぞよろしくおねがいします。

 

写真は、この日を前に、去る2月27日にスリランカのSPUTNIK 国際教育学院で行われた最終ガイダンスの様子です。


先日2月に帰国した10期生パモーダも同席、日本のことをいろいろアドバイスしてくれました。

 

10期生パモーダ(左)と、11期生ハンサニ(右)。

「この二人のツーショットは何度見てもうれしくて泣けてくる」というのは、プロジェクト事務局の某氏。

 

 

SPUTNIK International Sri Lankaのキッツリ理事長(左)からの最後のガイダンス。ハンサニのお母さん(右奥)と一緒に、パモーダの話しにも熱心に耳を傾けます。

 

 

ハンサニが、お礼の記念品として、SPUTNIK International Sri Lankaのロゴを、刺繍で作って来てくれました。キッツリ理事長に贈呈式!

 

出発を記念しての集合写真。メガネを取るとハンサニはこんな感じの子です!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

今後とも、ハンサニをあたたかく見守っていただければ幸いです。

そして、SPUTNIK Internationalをよろしくおねがいします。

 

秋沢 淳子

 

SPUTNIK International一同

新着情報一覧へ