READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子ども達が描く未来を支える!支援の届かないシリア国内に教育を

子ども達が描く未来を支える!支援の届かないシリア国内に教育を

支援総額

2,172,000

目標金額 2,000,000円

支援者
206人
募集終了日
2019年10月31日
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

終了報告を読む


12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2019年10月25日 13:17

サポーターYoshinさん「人の温かさを感じられる素敵な団体」

 

 

「彼らは決して人に対するあたたかさとやさしさを忘れない。

かつて彼らにも安全な町があった。

家族もいた。働くことも、学校に通うことも当たり前だった」

 

よく中野さんの文章を読むけれど、

伝わってくるものは、いつもどこかあたたかい。

 

 

ヨルダン・ザータリ難民キャンプを歩いていると、シリア人から珈琲や食事に誘われた。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界の出来事は、他人事じゃない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「自由」「選択があること」「平和」というものは、一瞬にして崩れてしまう、脆いものです。

アラブの春で、多くの国の国民は生きるために戦いました。

 

香港にいる若者達だって、今でも彼らの自由のために人権のために戦っています。

それがいつか、私たちにも来るかもしれない、来ないかもしれない。

 

戦って、多くの罪のない命は犠牲になりました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「難民」ではなかった

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

中学の頃から、難民映画を通じて、「難民」という言葉をよく耳にします。

 

難民は一つの国に限りません。

ソマリアにも、ルワンダにも、クルド民族にも、そしてシリアにもいます。

難民支援をしたくて、今一番多い割合を占めるシリア難民に目を向けました。

 

 

ジャーナリストの著作、人道支援を行う様々なNPOやNGO、

またジャーナリストの方や

実際に記録を残し伝えることをしているフォトジャーナリストや

写真家の方の講演に訪ねて話を聞きに行きました。

 

今まで、私はずっと難民という括りで彼らを囲んでいました。

 

 

ヨルダン、ザータリ難民キャンプ(撮影:中野貴行)


 

 

けれど、中野さんと出会ってから、今までにあった価値観が覆されたんです

 

彼に質問した時、彼はシリア難民のことを一度も「難民」と呼んでいませんでした。

 

「シリア難民」ではなく、「シリア人」と呼んでいました。

中野さんは、内戦よりも前に青年海外協力隊でシリアに2年ほどいたため、

彼にとって、シリア難民は「難民」ではなく「友たち」でした。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Piece of Syria (@piece.of.syria) on

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間として向き合う

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

日本は今、戦争がなく、平和です。

 

想像してみてください。

 

今目の前にいる家族や、身の回りにいる友たちが、

一か月後には化学兵器によって殺され、逮捕され、亡くなっていく…。

 

あまりにも残酷で想像するのが苦しいのですが、

シリア国内や海外に逃げたシリア人が、今まさに経験していることです。

 

 

「難民」という言葉を聞くと、

危ない、物騒、迷惑、などと思う人もいて当然だと思います。

まずは自分と自分の周りが安全でないといけません。

 

ですが、彼らだって、かつては私たちを同じように平和に暮らしていたのです。

彼らも人間で、心も、感情もあります。

 

 

シリアの村の結婚式(撮影:中野貴行)。かつてのシリアは日本より平和だった

 

 

子ども達もそうです。

 

嬉しいことあったら笑って、悲しいことあったら泣く。

毎日学校に行って、小中高と上がっていき、やがて大学を卒業して、

社会に出て、社会のために貢献をする。私たちと変わりないのです。

 

しかし、今でも、学校にまともに通えない子ども達はいます。

 

月日が経ち、学校に通わないまま大人になる子どもは

心がボロボロになるとともに、文盲になってしまうかもしれません。

読み書きもできず、社会に出たらどう生きていくのでしょうか?

 

 

2016年から続く皆さんと行なっている教育支援は、大きな希望になっています

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

PeaceではなくPiece という名前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

日本国内でシリア難民支援をするNPOはさほど多くありません。

 

国際機関を探り、日本で支援をしているNPOを訪問しましたが、

しかし、シリア難民支援だけをしているのではありませんでした。

 

台湾に戻ってから、またいつものように、

シリア難民支援をしてる団体を探していたら、Piece of Syriaに出会いました。

 

 

 

最初、ピースと聞いたとき、

Peaceのつもりでホームページに飛んだら、Pieceですごく興味が湧きました。

 

今はもう皆バラバラに各地にいるから?と勝手に想像をし始めましたが、

一人一人の力で力を合わせたら大きな力になり、

バラバラになったシリアまた一つにするということでした。

 

それを知ったとき、心が温かくなりました。

 

 

 

思ったんです。

この団体は他の団体とは違う。

ただただ支援しているだけではない。

 

人の温かさを感じられる、本当に素敵な団体なんだなと思いました。

 

 

だから子どもたちのためにも、この素敵な団体にも、応援して欲しいです。

 

 

 

Yoshin Wang

━━━━━━━━━━━━━━

 

 

Yoshinさんは、クラウドファンディングを始める少し前に、

Piece of Syriaのウェブサイトの「問い合わせ」ページから

「ボランティアをできませんか?」と連絡をしてきてくれました。

 

 

Yoshinさんが、台湾の大学に行く直前の一時的な日本滞在の合間だったので、

希望しているボランティアの活動を一緒にできなかったのですが、

お会いした時に感じた、彼女の熱い、そしてまっすぐな想いに心を打たれました。

 

今でも、彼女の仲間たちと交流させてもらうなど、刺激をもらっています。

 

 

 

 

 

Yoshinさんをはじめ、たくさんの人たちの力を借りて、私たちの活動が継続できています。

 

そして、資金がなければプロジェクトを維持することができません

是非、皆さんのお力を貸していただけませんでしょうか?

 

 

期間も、残りわずかになってまいりました。

どうぞ皆様のご協力、宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

ゼロを200にするプロジェクト

日本より平和で豊かだったシリアでしたが、

戦争という理不尽で「かつての当たり前」が奪われてしまいました。

 

他からサポートがない場所で生きるシリアの子ども達の未来を支えるため、

皆さんの協力が必要です!!

 

プロジェクトの詳細は下記から

一覧に戻る

リターン

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

プロジェクトを全力で応援!(1口=1人の子どもが1年間幼稚園に)

① 子ども達からの感謝の手紙

② 活動報告書

③ オンライン活動報告会にご招待
(日時は後日、連絡いたします)

●2口以上のご支援も歓迎です!

●経費を除いた全額を、シリアの子ども達のために大切に使わせていただきます。

支援者
68人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

3,000

【学生・イベント参加者限定】プロジェクトを全力で応援!

①子ども達からの感謝の手紙
②報告書(メールにてお送りします)
③次回イベント参加時にポストカード1枚をプレゼント


●学生の方、今までにPiece of Syriaのイベントに参加されたことにある方、限定になります。

●経費を除いた全額を、シリアの子ども達のために大切に使わせていただきます。

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

シリアの子ども達とつながろう!

① 現地の子ども達が幼稚園で遊ぶ動画
② 子ども達からの感謝の手紙
③ 報告書

●経費を除いた全額を、シリアの子ども達のために大切に使わせていただきます。

支援者
69人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

15,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

グッズを買って応援!(アレッポの石鹸、アラブの珈琲、ノート)

① アレッポの石鹸「エキストラ40」
② 絵本作家 陣崎草子さんの絵のノート
③「アラブの珈琲」ドリップパック×3
④子ども達からの感謝の手紙
⑤活動報告書
⑥オンライン活動報告会にご招待

━━━━━━━━━━━━━

①オリーブオイルと月桂樹オイルを原料としたアレッポ石鹸「エキストラ40」(「株式会社 アレッポの石鹸」の皆さんからご提供)

②絵本作家・児童文学作家、陣崎草子さんが今回のために書き下ろした、シリアをモチーフにした絵を用いたノート

③シリアなど中東で飲まれているカルダモン入りのアラビアンコーヒーのドリップ版「アラブの珈琲」(鬼丸武士さんご提供)

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

子ども達から感謝のお手紙をお届けします!

① メッセージをお預かりして、シリアの子どもにお渡し、子ども達からのお返事を届けさせていただきます(ご支援者様のお名前入り)。

② グッズ(アレッポの石鹸、アラブの珈琲、ノート)※リターンなしも選べます

③ 報告書にご支援者様のお名前を掲載させていただき、お送りします。

④ オンライン活動報告会にご招待

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

教室の壁にあなたのお名前をお書きします!

① 新しく設置する教室の壁に、ご支援者様のお名前をお書きし、教室の写真をお届けします。(法人名・飲食店名も対応可)

② メッセージをお預かりして、シリアの子どもにお渡し、子ども達からのお返事を届けさせていただきます。

② グッズ(アレッポの石鹸、アラブの珈琲、ノート)※リターンなしも選べます

③ 報告書にご支援者様のお名前を掲載させていただき、お送りします。

④ 中野貴行が、お礼報告やシリアの活動の講演にお伺いします

●旅費、宿泊費は別途ご負担ください。時期ご相談、2020年4月まで。
●オンラインでも対応可能です

支援者
4人
在庫数
26
発送予定
2020年3月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

プロジェクトを全力で応援!(1口=10人の子どもが1年間幼稚園に)

① メッセージをお預かりして、シリアの子どもにお渡し、子ども達からのお返事を届けさせていただきます(ご支援者様のお名前入り)。

② 報告書にご支援者様のお名前を掲載させていただき、お送りします。

③ 中野貴行が、お礼報告やシリアの活動の講演にお伺いします
(交通費、旅費は実費となります。時期別途相談。オンラインでも対応可能です)

●経費を除いた全額を、シリアの子ども達のために大切に使わせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

プロジェクトの相談をする