プロジェクト終了期限の3月31日となりました。

これまでの補修情況はと申しますと、予め下見していた補修部分以外にも予想外の劣化が随所にあり、「復元」の名においてはもうしばらく補修作業を続けなければ、クハ489-501を末永く維持するまでに至らないと思われます。

 

2月の大雪の影響も大きく、直近1週間は好天だったこともありかなり補修は進んでおりますが、本日までに既に補修見積金額を上回る作業内容となっております。

 

本日と明日の2日間、この補修作業の現状を報告させていただきたく、撮影会を企画しました。

先頭部分は補修の過程でしか見る事の出来ないクハ481-100型に近くなることから、新たにアダプター式のタイフォンカバーを作り、撮影用に設置しました。

側面部分の補修は、古いものから新しいものまで混在しているパテを除去し、錆穴を丁寧に鉄板で塞ぐ鈑金補修の繰り返しと、窓枠や雨樋の炭化した鉄部材の取替に終始しています。

地道な作業の全容は、フェイスブックにも掲載させていただいています。

 

小松市との補修工事に関する納期は3月31日までとなっているため、完全復元には至りません。

しかし現状で作業を終了することは出来ませんので、少なくとも4月8日までに、全ての雨樋と窓枠の補修を完了する予定です。

パテ修正は最小限に留めて車体劣化の根源となる雨漏れをしない車体として今回の作業を一旦終了致します。

 

また、先頭部分のスカートの復元は、5月第2週に開催されます小松市内最大のお祭り、「お旅まつり」の終了後よりあらためて実施し、夏休み期間が始まるまでにお披露目させていただきます。

 

重ねて、当プロジェクトの達成が無かったらこの車両の行く末は大変苦難だったであろうと振り返らせていただき、お礼申し上げる次第です。

 

メッセージプレート設置の賛同者様へのリターン発送につきましては、車内整備が完了する5月中旬を目処に、メッセージプレートを設置した写真を添付して発送完了とさせていただきますのでご了承下さいませ。

 

ヘッドマークレプリカの賛同者様へのリターン発送につきましては、4月中を目処に発送予定ですので、ご了承下さいませ。

 

新着情報一覧へ