皆さま、こんばんは。いよいよ、募集最終日の3月9日となりました。

 

「ハリケーン被災のドミニカ国へ、復興の足掛かりとなる支援を!」本プロジェクトの支援金募集も、残すところあと3時間となりました。

 

本日3月9日(金)午後11時までが募集期間です。

 

本日まで、ご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございます!

 

地球の反対側の小さな島、ドミニカ国の人々に笑顔が戻るよう、日本から温かい応援メッセージを伝えたいと思います。どうか、最後までご支援ご協力をよろしくお願いいたします!!

 

ネイチャーアイランドの魅力vol.6【ドミニカ国の動植物】

 

募集期間中の最後のドミニカ国紹介は、動植物です。

たくさん写真を集めたのでお楽しみください。ドミニカ国が災害から復興したら、ぜひ皆さんにも訪れていただきたいと思います!

 

 

いたるところにいるトカゲ。たまに家の中にも入ってきます!

 

こっちを見ている緑のイグアナ。どこにいるかわかりますか?

 

国旗にも描かれているオウムはたくさんの種類が生息しています

 

野生のカニ。川辺などに生息しています。

 

ホウオウボク(鳳凰木)英語名Flamboyant 真っ赤な花が印象的。日本では沖縄で見られるよう。

 

ジンジャーリリー 赤やピンクのきれいな花。

 

ヘリコニア 日本では温室で栽培されるが、ドミニカ国では通常に植生

 

日本でもおなじみのアンスリウムと、ジンジャーリリーを使ったフラワーアレンジメント

 

 

バナナもいろんな種類が食べられている。紫のはバナナの花

 

ココナツは飲んでよし、食べてよし、オイルは肌にもよい

 

ドミニカ国の愛すべき動物たち、美しい植物。ハリケーン被災で彼らも被害を受けました。野生のオウムはめったに人の前には現れませんが、ハリケーン後失われたジャングルから、人が住む地域へと餌を探しにやってくる姿が目撃されています。イグアナの巣穴がたくさんあったビーチ沿いの崖も、ハリケーン被害で崩れてしまいました。イグアナたちがどうなったか、心配です。

 

1日も早い復興とドミニカ国の人々の生活の再建とともに、動物たちや植物たちも元気に生きられる元の美しい島に戻る日を心より祈ります。

 

 

TeamORIGAMI一同

 

 

新着情報一覧へ