左から、プリチャー氏の息子さん、プリチャー氏、松本(筆者)

 

ようやくバーンメオのプリチャー氏に今回のクラウドファンディングでご支援をいただいた支援金を渡すことができました。

 

 今は乾季で比較的涼しい季節ですが、やはりこの場所は暑かったです。日曜日ということもあり、タイ人の観光客がたくさん来ていましたが、みな暑そうで、ゆっくり猫達を見るというよりも、さっさと帰って行く人が多かったです。

そして、この屋根のしたにいる猫達も、、、やはり暑そうでした。もう少しで快適になるからね〜。と猫達に話かけつつ。改めて今回のプロジェクトの意義を心に刻みました。

暑いです〜

 

この資金で今回の目的であります施設の修繕、修理、また第2弾の横のスペースの猫達が快適に暮らせるようなきちんとした床、屋根のついたスペースの新規設置をするべく,本日プリチャー氏の息子さんも交えて職人(現場監督)と打ち合わせをし材料の手配をしてきました。

 

 タイではまず材料を購入し、現場監督がそれにともない、職人の手配をするとう方法になり、日本ように簡単にはいかず、ちょっとしたことでもなんだか時間がかかってしまいます。

 

プリチャー氏の息子さんと、施工会社と計測しながら、素材や耐久性について話し合う

 

 予定では今週中に材料の手配をし、来週から既存の屋根をはがして、既存の古くなった柱、梁を一度やすりかけをして、サビ止め、さらに塗装をする作業にかかり、屋根の張り替えをしていきます。

 その間、その場所にいる猫達は少しの間,屋根のない所に移動して過ごしてもらうことになります。ちょっとの間の辛抱です。

 

修復工事のスケジュールを話し合う

 

 その後順調にいけば2月中に完成できると思います。

 応援をいただいてい皆様には工事の様子を随時報告させていただきます。

 

2週間前に生まれた、カオマニー猫の赤ちゃん

 

 

プリチャー氏とウィチェンマー猫

 

新着情報一覧へ