READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす

”触る”博物館Think Square テストオープン!

山本 智

山本 智

”触る”博物館Think Square テストオープン!

支援総額

221,000

目標金額 300,000円

支援者
24人
募集終了日
2017年7月7日
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2017年06月17日 04:19

展示アイテム、見どころ紹介 その3~液浸標本

このページをご覧いただき、ありがとうございます。3回目となる見どころ紹介ですが、今回は、液浸標本の一部をご紹介したいと思います。

 

Think Squareは、実際に標本に触れることができることで、知的好奇心を満たしてもらうことをコンセプトとしていますが、なかなか骨格標本のような乾燥標本だけでは見ることができないこともあります。例えば、薄くて固いものがあります。

 

写真は、イルカたちが良く餌生物として捕食している、イカやタコの頭足類のビーク(くちばし)の標本です。

 

 

イルカたちは、魚やイカなどを食べて生活しているわけですが、それをどのように我々が知るかというと、座礁などで死んでしまったイルカたちを解剖し、胃の中身を見せてもらう、もしくは、水中で摂餌する様子を見るという方法になります。後者の方法はなかなか難しいので、落ち着いて観察するには前者の方法をとることになります。胃の中からは、このイカのビーク(くちばし)や魚の耳石などがでてきますが、種によって異なる形をもつビークを同定すると、どの種類のイカを食べているのかが分かります。

 

昔から、上下のくちばしの組み合わせをカラストンビと呼んだりしますが、これが、そのカラストンビになります。大きなイルカ(クジラ)になれば、それだけ食べる量も増え、非常に多くのビークが見つかります。例えば、シャチの胃からは、2枚目の写真のように多くのビークが見つかっています。

 

 

一つ一つ丁寧に見ていくと、イカの種類が分かり、そのイカの情報から、どのくらい潜れるのか、物理的にどのくらいの量を最低食べるのかが分かってきます。このビークは、乾燥すると、割れたり、変形してしまうため、どうしても液浸で保存する必要があるのです。

 

もう一つ、展示を予定している標本を紹介します。時々、きれいな写真で話題になることもある、透明標本です。

 

 

骨の状態を知るために、染色して確認するのですが、アリザリンレッド、アルシアンブルーという薬品を使い、それぞれ硬骨、軟骨を染めて確認します。この標本は、ネズミの胎児を染色したもので、どのような場所が赤く染まっているのか、もしくは青く染まっているのか、見ながら考えると発生段階でどのように骨が形成されていくのかを確認することができます。これも、液浸標本でしか実際に目で確認できないことになります。

 

液浸標本は、乾燥標本に比べ、実物に触れていただくことはできないのですが、瓶自体は手に取って、自由に見ていただく予定です。ぜひ、これらの標本も手に取って見ていただければ幸いです。

 

 

一覧に戻る

リターン

2,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【来場が難しい⽅向け】お名前掲載+ ポストカードセット

【来場が難しい⽅向け】
■博物館Think Square内の謝辞(協⼒者紹介パネル)へお名前掲載
■イベントサイトへのお名前掲載
■代表的な展⽰アイテムのポストカードセット(6枚)

今後も様々な⽣物の展⽰を企画しています。このポストカードをケースなどを活⽤いただいてコレクションすると、ご⾃⾝オリジナルの標本図鑑にできます。

<ポストカード写真>
・ラプラタカワイルカ
(頭⾻+下顎⾻︓Readyfor限定)
・ラプラタカワイルカ
(背側、腹側、左側写真組み合わせ)
・スジイルカ(同上)
・ネズミイルカ(同上)
・ナイルワニ(同上)
・陸⽣哺乳類の頭⾻(同上)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【先着10名様︕】お名前掲載+期間⼊ 場券+ポストカードセット+3Dイル カパズル

【先着10名様︕】
■博物館Think Square内の謝辞(協⼒者紹介パネル)へお名前掲載
■イベントサイトへのお名前掲載
■「期間⼊場券」×2枚
■代表的な展⽰アイテムのポストカードセット(6枚)
■オリジナル3Dイルカパズル

開催期間中、何度でも⼊場できる「期間⼊場券」とReadyfor限定を含む6枚のポストカードセット、オリジナル3Dイルカパズルのセットです。

今後も様々な⽣物の展⽰を企画しています。このポストカードをケースなどを活⽤いただいてコレクションすると、ご⾃⾝オリジナルの標本図鑑にできます。

<ポストカード写真>
・ラプラタカワイルカ
(頭⾻+下顎⾻︓Readyfor限定)
・ラプラタカワイルカ
(背側、腹側、左側写真組み合わせ)
・スジイルカ(同上)
・ネズミイルカ(同上)
・ナイルワニ(同上)
・陸⽣哺乳類の頭⾻(同上)

支援者
7人
在庫数
1
発送予定
2017年7月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

お名前掲載+期間⼊ 場券+ポストカードセット+3Dイル カパズル

■博物館Think Square内の謝辞(協⼒者紹介パネル)へお名前掲載
■イベントサイトへのお名前掲載
■「期間⼊場券」×2枚
■代表的な展⽰アイテムのポストカードセット(6枚)
■オリジナル3Dイルカパズル

開催期間中、何度でも⼊場できる「期間⼊場券」とReadyfor限定を含む6枚のポストカードセット、オリジナル3Dイルカパズルのセットです。

今後も様々な⽣物の展⽰を企画しています。このポストカードをケースなどを活⽤いただいてコレクションすると、ご⾃⾝オリジナルの標本図鑑にできます。

<ポストカード写真>
・ラプラタカワイルカ
(頭⾻+下顎⾻︓Readyfor限定)
・ラプラタカワイルカ
(背側、腹側、左側写真組み合わせ)
・スジイルカ(同上)
・ネズミイルカ(同上)
・ナイルワニ(同上)
・陸⽣哺乳類の頭⾻(同上)

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

10,000

alt

お名前掲載+期間⼊ 場券+ポストカードセット+3Dイル カパズル+開催報告書+意見交換飲み会にご招待

■博物館Think Square内の謝辞(協⼒者紹介パネル)へお名前掲載
■イベントサイトへのお名前掲載
■「期間⼊場券」×2枚
■代表的な展⽰アイテムのポストカードセット(6枚)
■オリジナル3Dイルカパズル
■開催報告書(冊子&PDF)
■意見交換飲み会にご招待
※詳細が決まり次第ご案内いたします

支援者
3人
在庫数
7
発送予定
2017年8月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【法⼈向け】謝辞パネル・解説パネル ・展⽰台への社名掲載+期間⼊場券

【法⼈向け】
■博物館Think Square内の謝辞(協⼒者紹介パネル)へ社名掲載
■解説パネルへの社名掲載
■展⽰台への社名掲載
■「期間⼊場券」×10枚
■イベントサイトへの社名掲載

企業PRの場として、当スペースを活⽤いただけます。通常、CSR等の活動は、具体的にどのようなことに協賛⾦が利⽤されたかが分かりにくいことが多くありますが、当イベントは、展⽰アイテムの解説パネルに「Sponsored by ○○」、展⽰台にロゴを掲載し、視界にしっかりと認識されるよう⼯夫しています。
会場ですぐに⽬につく展⽰台のロゴ、展⽰アイテムを⾒ながら(触りながら)解説を読むことで⽬に⼊る企業名、そして、最後に掲載された謝辞パネルへのロゴ掲載により、3回、貴社名
が⽬に⼊るようになっています。

支援者
4人
在庫数
1
発送予定
2017年7月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【法⼈向け】謝辞パネル・解説パネル ・展⽰台への社名掲載+期間⼊場券+ ポストカード

【法⼈向け】
■博物館Think Square内の謝辞(協⼒者紹介パネル)へ社名掲載
■解説パネルへの社名掲載
■展⽰台への社名掲載
■「期間⼊場券」×20枚
■イベントサイトへの社名掲載
■代表的な展⽰アイテムのポストカード(6枚)セット×20セット

企業PRの場として、また、社員の福利厚生として当スペースを活⽤いただけます。通常、CSR等の活動は、具体的にどのようなことに協賛⾦が利⽤されたかが分かりにくいことが多くありますが、当イベントは、展⽰アイテムの解説パネルに「Sponsored by ○○」、展⽰台にロゴを掲載し、視界にしっかりと認識されるよう⼯夫しています。会場ですぐに⽬につく展⽰台のロゴ、展⽰アイテムを⾒ながら(触りながら)解説を読むことで⽬に⼊る企業名、そして、最後に掲載された謝辞パネルへのロゴ掲載により、3回、貴社名が⽬に⼊るようになっています。Readyfor限定を含むポストカードセット(6枚)は、期間⼊場券とセットでの配布にお使いいただけます。

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2017年7月

100,000

alt

[応援コース]リターン費用が少ない分、プロジェクトに使用させていただきます

■御礼のメール
■ポストカード

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

プロジェクトの相談をする