クラウドファンディング、本日50万円突破しました!八百津町の亀喜の栗きんとん屋さんに突破して頂きました。
 

栗きんとん屋さんのレジのところに、活動が掲載された岐阜新聞の記事も紹介して頂いていて、気持ちよく応援して頂けること、とても嬉しく感じています。


シェアも含めるとこれまでに60人以上の方々が活動を応援してくださっていて、これが達成されることはもはや私一人の願いではないんだなと感じています。本当にありがとうございます。

 

世界の中には衣食住に恵まれず酷くつらい思いをしている人たちが本当にたくさんいるというのが現状です。この団体が支援しているのはそんな世界の中のほんの一部ですが、そんな一部からいい循環が広がります。孤児たちの将来がとても楽しみです!

 

是非皆さんも世界を少しでもいい状態にできるよう、輪に入って頂き助けて頂けるとありがたいです。

 

本日の新着情報はコアメンバーとして頑張ってくれている上山巳歩里さん、通称みぼです!!

和歌山から遠いところ大阪までわっしょいわっしょいミーティングにかけつけてくれます。

 

ウィニーの報告を訳したり、一緒にウィニーと話してくれたり、忙しい中、活動のことを想って行動できる自分であること、どうか誇りに思ってね!!

 

ではみぼにインタビューです。

 

 

Q:自己紹介をお願いします。

 

上山巳歩里です。現在、和歌山県で中学校の英語教師をしています。

 

2006年に大阪外国語大学に編入学し、Tumaini Nyumbaniに参加しました。

 

ワークキャンプには2回参加し、そこでの経験を中学生に伝えながら、アフリカへ興味を持ってもらえるように頑張っています!

 

Q:Tumainiのワークキャンプに行った時、一番印象的だったことは何ですか?

 

ママ達の「笑顔」と「パワフル感」。 HIV/AIDSと「死」ってどうしても切り離せないはずのイメージなのに、実際に感染者や発病者のママ達と交流し一緒に過ごす中で、そんなイメージを忘れるくらい豪快な笑いと大きな笑顔がいっぱいでした。

 

あの素敵な笑顔と生きることへのバイタリティ、どんな悩みも吹き飛ばせそうなくらいの豪快な笑いを、いつまでも守っていきたいと思います。

 

 

 

Q:Tumainiの活動のどの部分が一番好きですか?

 

大好きなアフリカと関われるところです。

 

大好きなアフリカの国ケニアに、大好きな友達やママ達、そして可愛い子ども達(今ももう大きくなってるかな!)がいて、いつでも温かく迎えてくれることです。

 

Q:最後にTumainiにかける想いをどうぞ!

 

少しでも長く、そしてたくさんのママ達や子ども達の笑顔とつながっていたいです。

そして、この活動を一生懸命に繋いでいる日本人メンバーの笑顔を大切にしていきたいです。

もっともっと笑顔が増えるように、今できることを一つひとつしていきたいです。

 

以上です!インタビューありがとうございました。

みぼの笑顔は百万力です!!
これからの大活躍楽しみにしてるよ!!いつも本当にありがとう。

 

素敵な出会いや出来事がたくさんみぼに降り注ぎますようにー!!!

新着情報一覧へ