プロジェクト概要

子どもたちの健康のために、楽しみながらうんちの大切さを学ぶことができる「うんちdeよさこい」ダンスDVD1000枚を作り、小学校や公民館で出前授業をしたい!

 

はじめまして、大川明美です。NPO法人予防医療健康大学で、生活習慣を見直すための活動を行っています。2年半前になりますが、私自身乳がんを経験したことで、「健康でいるためには、自分の身体の状態を自分で知っておくこと」がいかに重要であるかを学びました。そこで私は、健康状態のバロメーターでもある“うんち”と、健康でいるために根本的に重要な、小さいころからの生活習慣に注目し、子どもでもうんちの大切さえを楽しんで学べるよう、簡易的なダンスを作りました。

 

今回は、その簡易的なダンスをより効果的な「うんちdeよさこい」ダンスへと改良し、みんなで一緒に踊れるためのDVDを制作したいと考えています。

そのために、みなさまのお力をお貸しください!

 

(作成中の様子です!)

 

作成した「うんちdeよさこい」ダンスDVDは、小学校や公民館など様々な場で実施するイベントや出前授業で活用し、授業後は習得してもらうために寄贈します!

 

  (メンバーも小さな子どもを持つママで、子どもの便秘に敏感です☆)

 

今回作成する“うんちdeよさこい”ダンスDVDは、腸に効果のある運動を取り入れた体操を運動指導士さんと一緒に考え、さらに、よさこい風にアレンジを加えることで、今までよりもさらに子どもたちが楽しく踊れるようになる内容になる予定です。また、完成したものは、小学校や公民館などで行なう、“子どもうんち教室”の授業の中で流し、子どもたちと一緒に踊ります。さらには、私たちが普段イベントやセミナーを行うことが多い高齢者施設などでも、高齢者の方とお孫さんが一緒に踊ることができます。近頃は、便秘に悩む高齢者の方も増えているようです。

 

うんちは健康のバロメーター!
生活習慣病を予防するためには、子どもの頃から正しい生活習慣を身につけることが大切です。

 

(うんちのもとは何だろう?を一生懸命に読む子どもたち)

 

これまでの活動から、今の子どもたちは生活習慣が乱れ、便秘の子どもが増えていることがわかりました。そこで、子どもたちの生活習慣の改善に向け、私たちは学童保育や公民館などで「早寝・早起き・朝ごはん」を通して子どもたちにうんちの大切さを伝えるための“子どもうんち教室”を開催するようになりました。はじめの頃は「早寝・早起き・朝ごはん」を通して行っていた子どもうんち教室ですが、回を重ねるごとに、低学年の子どもたちには、うんちの大切さを座学だけで伝えるよりも、音楽に合わせて身体を動かす、実践のほうが理解してもらえるのではないかと思うようになり、子ども向けの簡易のダンスを作りました。

 

みなさま、子どもから大人まで楽しく踊れて、毎日快腸を目指す

“うんちdeよさこい”ダンスDVD作成に向けご支援をお願いします!

 

*私たちは、今回改良した「うんちdeよさこいダンス」普及のために、

2015年のフラワーフェスティバルに出場し、より多くの方に「うんちの大切さ」を広めたいと思っています!*

 

★ 引換券のご紹介★
・サンクスレター

・HPへのお名前の掲載

・うんちカレンダー

・「うんちdeよさこい」DVD(ケース表紙裏にお名前を掲載します)

・「うんちdeよさこい」DVD(DVD本編最後、エンドロールでお名前を流  します)

・広島の名産品2品

 チチヤスヨーグルト12個セット/瀬戸田のレモンケーキ

・うんち体操を出前レクチャー

*広島以外の方からのご依頼の場合は、交通費はご自身での負担でお願いします。


最新の新着情報