活版印刷の魅力は、オフセット印刷と比べて、

その媒体の自由度、小回りの効き度にもあります。

オフセットでは難しい、和紙などのうす~い紙や、タグのような小さいカード、

そんな扱いづらい紙でも、一枚一枚手作業で印刷する活版印刷なら可能です。

作りたいものを思うがままに作れるのです。

 

さて、今日ご紹介するのは、なんと、布に活版です!

活版印刷機の特性を活かして、ついに紙じゃない媒体にまで可能性を見出しました。

布に活版なんて・・・とお思いでしょうか?

紙に活版でおした独特の質感を、そのまま布にも応用したところ、

活字で印刷した布面は、これまた可愛らしい質感になりました。

 

 

こちらは、花形装飾活字とよばれる装飾用の活字です。
写真のように、罫線と一緒に組んだり、他の花形装飾活字と組んで様々な模様を作ったりできます。
その装飾活字をセーラー服の襟に使い、ワンピースを作りました。

リネンのくたっとした質感と相まって、まるで古い洋書をそのまま着てるようです。


 

 

また、こちらは、コートの胸にワンポイントで「P」の文字を印刷しました。

カーキの生地に白いインキがちょうどよく馴染んでいます。

 


紙はもちろん、布にまで印刷できる、自由度の高い印刷。
それもまた、活版印刷独特の良さと言えるでしょう。

 

 

新着情報一覧へ