こんにちは!

皆さまのあたたかなご支援・ご声援をいただき、

和ルミネーションがどんどん実現に近づいております!!

丸の内朝大学クラス事務局や和傘職人さん、ご期待くださっている皆さま、

一人ひとりとの出逢いを大切に、気を引き締めて頑張ってまいります。

 

【丸の内朝大学クラス事務局インタビュー】第2回目は、

昨年の夏、私たちが受講した「まちづくりプロデューサークラス」について、

クラス開講の背景にあった講師・プロデューサーの方々の想いをお届けします!

 

 

丸の内朝大学企画委員会事務局

小野さん

丸の内朝大学まちづくりプロデューサークラス 

講師・プロデューサー

今井さん・吉岡さん

 

2017年夏学期に開講された「まちづくりプロデューサークラス」では、全8回のクラスを通じて、東京の中心である丸の内を舞台に、まちの魅力を引き出すプロジェクトの組み立て方を学びました。ディスカッションやフィールドワークをしながら、グループでまちづくりプロジェクトを企画し、クラスの最後には企画のプレゼンテーション大会を実施。「和ルミネーション」は多くの支持を集め、見事プレゼンで優勝しました!!

そしてクラス終了後は「和ルミネーション」をはじめ、クラスで生まれたプロジェクトを実際に実現させるべく、各グループが事務局のサポートをいただきながら走りつづけ、クラウドファンディング達成を目指しています!

 

 

最終プレゼンテーションの様子(丸の内朝大学ご提供)                                             

 

 

就業者と一緒に実現するまちづくり

 今回クラスを開講した1番の理由は、就業者の皆さんと一緒にまちづくりを考える機会をつくりたかったからですね。現在、大丸有エリアには約28万人もの就業者が働いていますが、今まで就業者のアイデアをまちづくりに活かす仕組みがありませんでした。せっかくたくさんのアイデアを持っているはずの就業者の方々がいるのに、これはもったいない!

なので、今回、就業者の皆さんには文字通り「まちづくりのプロデューサー」になってもらって、このまちを盛り上げるアイデアを一緒に考えてもらおうと思いました。

 

 私たちは普段、大丸有地区のまちづくりに携わっていますが、まちづくりはハード面のビルや道路を整備するだけではなく、まちを使う人々が交流したり楽しんだりすることができるソフト面の活動も一緒に進めていかなければならないと思っています。そのためには、まちを使う人々にも積極的にまちの活動に参加して欲しいと思っていますし、もっと言えば、それを企画する段階から一緒に考えてもらえるのがベストだと思っています。大丸有に住んでいる人はいないので、いわゆる「住民参加」のまちづくりはありませんが、代わりに、28万人の働いている方々と「就業者参加」のまちづくりができれば面白いなと。

 

 

 プロジェクトについてお話しされる3人(写真左から、吉岡さん、今井さん、小野さん)                                                                        

 

 もう1つの大きな目的は、クラスに参加した皆様にもっとこのまちを知ってもらって、ファンになって欲しいと思ったからです。大丸有には、魅力的な場所がたくさんありますし、面白いイベントも色々と開催されていますが、意外と就業者の皆さんも知らないことが多いです。今回、大丸有でのまちづくりを企画する中で、このまちの魅力をあらためて発見してもらって、さらにこのまちを好きになってもらいたいと思いました。

このクラスのテーマに、「まちづくりをジブンゴト化する」というものがありましたが、これも、まちづくりに参加することで、より愛着を感じてもらいたいと思ったからです。

 

 

クラウドファンディングをつうじて、まちづくりの輪を広げたい

 クラスを開講して一番驚いたことは、受講生の皆さんが予想以上にパワフルだったことです。朝7時台に開講されるクラスに毎週参加されるというだけで、もちろんパワフルな方が集まるのだろうなと想像はしていましたが、皆さんの企画力や実行力もピカイチで、とても驚きました。今回のクラスは、限られた短い期間で企画を詰める必要があったので、自主的なミーティングもたくさん開いて真剣に取り組んでくださっていたと聞いています。

 

 クラウドファンディングの特徴は、プロジェクトを企画する人だけでなく、それを応援する人も巻き込んで、活動の輪が広がっていくことだと思います。今回、プロジェクトを企画してくださった「和ルミネーション実行委員会」の皆さんだけでなく、家族、友達、そのまた友達、というように、たくさんの人に支援してもらうなかで、少しでも多くの人にこの地区のまちづくりに関わってもらい、興味を持って貰えればと思いました。

 

 また、クラウドファンディングのPR力・拡散力も、まちづくりに活かせればいいなと思っています。クラウドファンディングには、実行する人や応援する人など、非常に多くの人が関わることができるので、例えば皆さんが自分のSNSなどを使って1つずつでもまちの魅力を発信してくれれば、多くの人に魅力を届けることができると思っています。

 

和傘の街灯り(大手町仲通りでの試点灯時)  
プロジェクトが生まれた「3×3 Lab Future」  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クラスに真剣に取り組んでくださった分、今回皆さんが企画してくれたプロジェクトはどれも非常に魅力的だと思います。特に「和ルミネーション」は、イベント自体もとても美しく幻想的で魅力がありますし、大手町の強みや歴史にまで焦点を当てて企画した点も素晴らしいと思います。私達も、和傘のイルミネーションが灯った大手町を歩くのがとても楽しみです。是非、成功に向けてがんばってください!!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

和ルミネーションが実現しましたら、ぜひ実際に大手町、大丸有エリアに

足をお運びいただき、一緒に和ルミネーションをお楽しみいただけたらと

思います!

今後【新着情報】では、和ルミネーションにご協力くださる和傘職人さん、
小林旅人さんをご紹介しますので、お楽しみに!

 

皆さまと和ルミネーションを実現できますよう、

あたたかなご支援・ご参加をよろしくお願いいたします!!

 

新着情報一覧へ