活動内容の具体性についてのご返答

現段階では

 

<活動内容>

・女性議員のいない地域への提言

・学校での意思決定教育

・ジェンダーギャップの有無によるメリットデメリットの研究調査、意識改善

・法改正へのロビー

 

となっています。主に資金はパンフレットと学校での意思決定教育と法改正へのロビーに使われます。ちなみに2015年時点での女性議員の割合はこのようになっています。

 

 

あえて法人として活動する意味は、個人と別に社会的意識が必要であるからです。現段階で現実的にギャップを埋められるのは各党の自主性による努力しかなく、女性に関する団体も、現時点では具体的、現実的な動きを取っていません。(デモやSNSによる表明は沢山あります)

 

政局闘争に偏った報道の在り方から、学校での意思決定教育(政治教育)に至るまで、本当に自分たちに必要なルールを当事として決定納得する過程が分かりにくくなっているところを具体的に是正していく必要があります。お金は主にそこに使われます。

 

法改正ロビーに関しては個々の支援者との具体的な話し合いが必要となってきます。もちろんジェンダーギャップに関わる法改正に限られます。

 

クラウドファンディングではお金を半年で使い切らなければならないというルールがあるようなので、半年分の見積もりは以下のようになっています。

 

支援をしてくださる方に対してはその使用用途を明示いたしますのでご安心ください。事務員希望者や自分もやってみたいという方もご連絡ください。

 

なお、8月17日までに400万集まらない場合にはこのプロジェクトは成立せず、支援金は各支援者の方に返金となります。

 

パンフレット作成 600,000円
封筒切手 100,000円
法人設立、事務所費 700,000円
事務員 1,000,000円
教育研修 500,000円
書籍調査 500,000円
交通費 100,000円
支援員養成

500,000円

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています