READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

ジェンダー平等実現に向け、国を超えた連帯を!社会起業家を寄付で応援

特定非営利活動法人ARUN Seed

特定非営利活動法人ARUN Seed

ジェンダー平等実現に向け、国を超えた連帯を!社会起業家を寄付で応援
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は10月31日(月)午後11:00までです。

支援総額

1,744,000

目標金額 7,500,000円

23%
支援者
83人
残り
35日

応援コメント
黄 春梅
黄 春梅4時間前いつも応援してます。頑張ってください‼︎いつも応援してます。頑張ってください‼︎
Flatwell
Flatwell4時間前皆さんの活動、応援しています。頑張ってください!皆さんの活動、応援しています。頑張ってください!
荻原 国啓
荻原 国啓15時間前功能さん女性の社会起業家支援、応援しております!荻原功能さん女性の社会起業家支援、応援しております!荻原
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は10月31日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

新型コロナウイルス感染症の拡大で明らかになったジェンダー課題を解決したい

 

- 何を目指すのか - 

 

新型コロナウイルス感染症の拡⼤は、途上国、先進国を問わず、ジェンダー不平等の問題の大きさ、根深さを改めて示すきっかけとなりました。

 

私たちARUN Seedは、これまでも世界各地で社会課題の解決に挑む起業家達を社会的投資で応援してきました。今回も社会起業家と共にジェンダー課題に取組み、ジェンダー平等な社会を実現したい。

 

これが、ARUN Seed主催の第4回目となるビジネスコンペティション「クラウド・ソーシャル・インベストメント(CSI)チャレンジ4」を実施しようと考えた背景です。 

 

「CSIチャレンジ」は社会課題の解決に取組む起業家を世界各地から募集するビジネスコンペティションと、それを支援する資金を集めるクラウドファンディングから成り立っています。クラウドファンディングの支援者さまは、ARUN Seedと起業家を通じて、社会課題への取り組みに参加することができます。

 

(グローバルなパンデミックの影響 - 出典:JICA

 

こんにちは!特定非営利活動法人ARUN Seed(アルンシード)代表理事の功能聡子(こうのさとこ)です。

 

私たちは、社会的投資の研究、普及、発展を目的として2014年3月に発足し、社会課題に取り組む起業家を、投資の形で支援してきました。

 

今回、私たちは「ジェンダー」をテーマにしたビジネスコンペティション「CSIチャレンジ」を実施し、ジェンダーの課題解決にビジネスで取組む起業家を発掘し、その挑戦を応援し、国を超えて連帯していきたいと考えています。

 

 

新型コロナウイルス感染症の負の影響は、途上国においても日本においても、女性に特に大きな負担を強いています。

 

平時においてジェンダー平等が進んでいなかったことが、パンデミックの影響によって、より深刻になっていると言えます。


他方、ジェンダーの課題にビジネスを通して取り組む起業家も増えています。

 

過去の「CSIチャレンジ」においても、インドの貧困層の女性が衛生的で安価な生理用品が入手できるように製造や販売の仕組みづくりに取り組む起業家や、ネパールで性暴力の予防に取り組むビジネスを立ち上げた起業家など、イノベーティブな方法でこの問題に取り組む起業家や、女性起業家からの応募も増えています。

 

ジェンダー課題に立ち向かう起業家を、ビジネスコンペティションを通して発掘し支援していくことで、アフターコロナの社会をよりよくする、国を越えた市民社会の連帯を生み出したいと願い、私たちはクラウドファンディングに挑戦します。

 

ぜひ本ページをお読みいただき、ARUN Seedの社会的投資の取り組みに、ご参加、ご支援いただけましたら幸いです!

 

ジェンダー不平等の課題解決に向け、構造的なアプローチ、イノベーティブなアプローチで着手していきたい

 

- ジェンダー不平等の現状とは -  

 

世界中で、コロナ・パンデミックの影響を女性が最も大きく受けました。国連や各国の調査により、⼥性への深刻な影響が明らかになりました。


途上国においては、経済、健康、教育面での影響が大きく、雇用機会の減少、無給のケア労働の増加による収入の減少、食料不足による栄養不良、妊産婦死亡率の増加、女性と女子に対する暴力の増加など、貧困の増大と人権侵害が問題となっています。

 

日本においても、非正規雇用労働者の失業、貧困に陥るひとり親家庭の増加、自殺者数の増加など、女性に深刻な影響を与えています。

 

 

- 途上国の女性、女子へのパンデミックの影響-

 

2020年3月に新型コロナウイルス感染症がパンデミックと宣言されて以来、世界で600万人以上の命が奪われました。この危機は、途上国の女性と女子に、特に大きな犠牲を強いています。女性や少女に対する暴力が激化し、女性は雇用を失い、貧困のリスクが増大しました。教育は混乱し、特に教育機会を失う女子が増えています*

 

*出典:UN Women

 

 

 

コロナ禍で世帯収入が減り、ドメスティックバイオレンス(DV)や、性暴力が増えています。ロックダウンの規制が厳しいところほど、暴力が増加する傾向があると報告されています*

 

*出典:Center for Global Development

 

 

 

途上国において、死産と妊産婦死亡が約3割増えました*。保健システムが脆弱でパンデミックに対応できなかった、妊産婦ケアをするスタッフが不足した、公共交通機関が使えなくなったり、支出が増えることへの懸念や感染を恐れて病院に行かずサービスを受けられなかった、などが原因と見られています。 国連人口基金(UNFPA)は、避妊したくてもサービスを受けられない女性が世界で約1200万人増加し、意図しない妊娠が140万件増える**と予想しています。

 

*出典:Lancet

**出典:UNFPA

 

出典:UNFPA

 

 

 

パンデミックは、子どもたちに深刻な影響を及ぼしています。発生以来3年目を迎えても、23カ国で4億500万人の学童が、全面的または部分的な学校閉鎖の影響を受け続けています。 特に、経済的に困窮している家族が息子だけに教育を与えるなど、女子が学校に戻れず教育の機会を奪われるリスクが大きくなっています。

 

例えば、南アフリカでは、学校に行かない子どもの数が25万人から75万人へと3倍に増加、マラウイでは、中等教育における女子の中退率が6.4%から9.5%へと48%増加、ケニアでは、10~19歳の青年4000人に対する調査で、女子16%、男子8%が学校再開時に戻らなかったと報告されています*

 

*出典:UNICEF

 

 

 

 

途上国の女性のほぼ3分の1が、10 代のうちに最初の出産を経験していることが、最近発表された報告書で明らかになりました*

 

ジェンダーと所得の不平等は、児童婚率を高め、女子を学校に行かせず、将来への希望を制限し、ヘルスケアと性教育に関する情報を制限するため、10代の妊娠を助長する要因であると言われています。

 

ユニセフは、コロナ禍により、経済的負担を軽くするために女子を結婚させる児童婚のリスクが25%上昇し、児童婚が今後10年間に1,000万件増加するという予測**を発表しました。

 

*出典:UNFPA

**出典:UNICEF

 

出典:UNFPA

 

 

 

コロナ禍により経済状態が悪化する中で、女性は雇用喪失の矢面に立たされ、経済的自立が阻害され、貧困のリスクが増大しています。マッキンゼーの調査*では、世界の雇用のうち女性が占める割合は約39%ですが、コロナ禍の影響による失業者のうち女性が占める割合は54%と報告しています。

 

また、ブルキナファソ、マリ、セネガルで行なわれた調査**では、ホテル・飲食、小売業、製造業など、最も大きな打撃を受けた部門のほとんどで、雇用を失ったのは女性の方が多かったという結果が出ました。

 

*出典:McKinsey & Company

**出典:UNU

 

 

 

新型コロナウイルス感染症の大流行は、世界の中小零細企業にとって深刻な打撃を与えました。インドネシアでは、中小零細企業3,700万社のうち64.5%を女性が所有していますが、この大部分も、パンデミックの初期の数ヶ月の間に収益が減少し破綻寸前となりました*

 

ベンチャーキャピタルが行った200人の女性起業家を対象とした調査**では、女性創業者の3分の1が家族の介護をしながら会社を経営するのは難しいと考えていること、3分の2がコロナ禍による資金減少を予想していることが明らかになりました。

 

また、途上国の女性経営者は、売上の減少、製品の遅延の増加、遠隔コミュニケーションへの移行などに苦労しており、女性の従業員や生産者は、男性に比べてより深刻な食料不安や時間不足に苦しんでいることも報告されています。

 

*出典:Monash University 

**出典:Australian Aid

 

 

 

- これまでARUN Seedが支援してきた起業家のジェンダー課題への取り組み - 

 

ジェンダー不平等の課題の解決に向けては、これまでとは異なる構造的なアプローチ、イノベーティブなアプローチが求められています。ARUNが社会的投資を行った起業家の取り組みの一部をご紹介します。

 

 

   Du Anyam (ドゥ・アニャム、インドネシア)

  CEO Azalea (Ayu) Ayuningtyas(アザレア・アユニンティアス)

  ウェブサイト: https://duanyam.com/en/

私たちが活動するインドネシアの農村部では、女性は現金収入を得られないことが多いです。出稼ぎを除くと、男性が所有する土地で自給自足の農業をする以外には収入を得る機会がほとんどないのです。そのため、ほとんどの女性は家庭内での意思決定権がありません。


私たちは、食品・飲料、ファッション、工芸品などのクリエイティブ分野で小規模な地域産業を構築、改善、デジタル化することで、コミュニティの既存のスキルや資源を活用し、女性たちに現金収入を得る機会を提供しています。

 

 

  Stellapps(ステラアップス、インド)

  CEO Ranjith Mukundan(ランジス・ムクンダン)

  ウェブサイト: https://www.stellapps.com/

インドの酪農家は、80%以上が女性で、小規模農家の割合が多いことが特徴です。しかしながら、従来からの男性優位なジェンダー規範により、女性の酪農家が不利な立場に置かれています。

 

私たちは、デジタルプラットフォームを通じて、酪農家が販売する牛乳の等級や価格設定に透明性を担保した上で、平等な交渉が行われる環境を生み出しています。また、集荷センターに牛乳を送る女性の酪農家は、銀行口座に直接支払いを受けられることで、安定した収入と金融アクセスを得ることができます。

 

開発途上国におけるジェンダー不平等は、男性に優位性を与える社会的、教育的、文化的、雇用的規範の蔓延によって引き起こされています。女性は通常、家庭活動を営み、子供を育て、家庭で老人の世話をする人と見なされています。女性はあまり教育を受けず、学校を最初に退学し、早く結婚してしまうため、就職する機会もほとんどありません。

 

より多くの女性や少女に力を与えるためには、アファーマティブ・アクションを実施し、教育や健康、労働市場における機会へのアクセスを向上させる必要があります。 

 

 

皆さまのご寄付と想いを社会起業家に繋ぎ、ビジネスを通じて途上国の人々を支えます

 

- ARUNとして掲げる問題意識 -

 

途上国には、数多くの社会課題が存在していますが、その解決に必要なのは、物資の援助や資金の提供だけではありません。その国で生きる人々が自分たち自身の手で、課題や困難を解決していこうという強い意志が、彼ら自身の未来を作っていく礎です。

 

ARUN Seedは、ビジネスを通して社会的に弱い立場に置かれた人々の力になりたいと立ち上がった社会起業家を、社会的投資*を通して支援してきました。

 

*社会的投資は、ビジネスを通じて貧困、雇用、環境などといった社会の様々な問題を解決していけるという社会的リターン、そして、投資した資金がビジネスの成功により大きな資金になる経済的リターン、そのどちらも追い求めるという、日本ではまだ例が少ない新しい仕組みです。

 

 

 

- ARUNが取り組む社会的投資のアプローチ - 

 

社会的投資の実践の一つとして、社会起業家を発掘する「ビジネスコンペティション」と、日本で寄付を呼びかけ、社会的投資を促進するためのプラットフォームづくりを目指す「クラウドファンディング」の両輪で構成される「CSIチャレンジ」を実施してきました。

 

日本を含む世界の社会起業家の方々と、日本の皆さんを繋ぐことを通じて、ARUNがミッションとする「地球上のどこに生まれた人も、ひとりひとりの才能を発揮できる社会」の実現を目指します。
 

 

「CSIチャレンジ4」を通じて、ジェンダー問題に取り組む社会起業家を支援します

 

- 今回のチャレンジに込める思い - 

 

私たちは、これまで3回のCSIチャレンジを実施してきました。前回、2020年は、「コロナ禍でも世界はひとつ。途上国の社会起業家にエールを!」をテーマに実施。

 

コロナ渦の影響を受けやすい、社会的に弱い立場におかれている女性・子ども・難民が直面する課題の解決に取り組む社会起業家への社会的投資を行いました。

 

具体的には、インドネシア、フローレス島で女性たちがおかれた苦しい状況を変えたいと、島で伝承されてきたヤシの葉を使った手工芸品の販売ルートを開拓、島の女性たちに安定収入の道を作ってきた社会的企業、ドゥ・アニャムへの投資を行いました。

 

ドゥ・アニャムは、コロナ禍により観光産業からの収入が激減した中小零細企業向けの新規事業も行い、農村の女性たちの収入確保の道をつくり、女性たちのエンパワーメントに貢献しました。

 

村の女性からは、「ドゥ・アニャムからの収入により、家族のために野菜、魚、卵などを定期的に買えるようになりました。子どもの教育費も払えるようになりました」という声が届いています。

 

 Du Anyam CEO Ayuさん(写真右から2人目)と編み手さんたち

 

クラウドファンディングでご寄付いただいた281人の皆さまの想いも届けられ、社会起業家によって活用されています。お力添えいただき、本当にありがとうございました。(詳しくはクラウドファンディングの「終了報告」をご覧ください。)

 

私たちは、こうした社会起業家の活動を支援することで、女性や女子の置かれた状況を改善し、女性たちの経済的エンパワーメントにつながり、ジェンダー平等な社会へと人々を動かす希望があると考えています。


そこで今回私たちは、ジェンダーに課題を絞り、社会起業家を発掘し、応援することとしました。

 

コロナ禍を経て価値観が大きく変わる世界にあって、新しい社会を共に創造する仲間を募り、行動を起こしていくムーブメントをつくる必要がある。

 

起業家への共感の想いを、クラウドファンディングという形で可視化し、繋ぐことで、アフターコロナの時代における国を越えたより大きな市民社会の連帯を生み出していきたいと考え、今年も皆さまにご支援を呼びかけようと決意しました。

 

(2020年に開催されたCSIチャレンジ3、パネルディスカッションの模様)

 

「CSIチャレンジ4」について

 

- 今回のCSIチャレンジ実施概要 - 

 

CSIチャレンジ4では、ジェンダー平等の実現をテーマとして、世界の起業家からの応募を受け付け、ビジネスコンペティションを実施します。

 

ARUN Seedが書類審査、インタビューなどを経たファイナリストを選考し、外部有識者による最終審査会にて優勝企業を決定します。最終審査会は、2023年1月下旬に開催予定です。その後、現地訪問などの詳細な審査(デューデリジェンス)を経て、2023年12月までに投資を実行する予定です。

 

皆さまからいただくご寄付が、新型コロナウイルス感染症拡大に影響を受けている途上国の女性、女子の状況を改善し、エンパワーメントにつながるように、ジェンダー課題をビジネスで解決しようと奮闘する起業家への社会的投資に活用させていただきます。

 

 

|応募〜選考スケジュール

 

2022年〜2023年

9月〜10月末:クラウドファンディング
9月中旬~10月末:ビジネスコンペティション募集受付(オンライン)
10月〜1月:ビジネスコンペティション書類審査、インタビュー

1月初旬:ファイナリスト選定
1月末:最終審査会、ファイナリストによるプレゼンテーション(オンライン)
1月末〜2月:優勝企業決定&寄付者の皆さまへご報告
 
2023年
2月~12月:デューデリジェンス、投資交渉&実行
※スケジュールおよび内容に変更のある場合があります。

 

 

|主な選定基準 (一例)

 

・現地の人々に与えるインパクト(ジェンダー平等への貢献)の大きさ
・ビジネスの持続可能性
・企業の組織体制(オペレーションやガバナンス体制)

 

 

|ご支援金の使いみち

 

目標金額:750万円

いただいたご支援金は、ビジネスコンペティションコンペティション「CSIチャレンジ」の運営とジェンダー課題に取り組む起業家への社会的投資に使わせていただきます。

 

※このプロジェクトは、クラウドファンディングで集まったご寄付金額に、法人スポンサーからのご支援、ならびに自己資金を合わせた範囲内で実行いたします。資金がCSIチャレンジ4の必要総額に達しない場合は、投資金額の減額なども検討いたしますが、ビジネスコンペティションは達成金額に拘わらず実行致します。

 

代表:功能聡子からのメッセージ

 

今、ウクライナ戦争や、アフガニスタンの洪水など、緊急な課題がたくさんある中で、ソーシャルビジネスの支援は後回しと思われるかもしれません。コロナ禍の影響で女性が困難な状況に置かれていることはわかったけれど、ビジネスでは解決できないのでは?という声もありました。

 

みなさんは、どう思われますか?

 

この6月、実際にインドネシアを歩いてみて、現地の起業家や活動家と会い、私たちが想像する以上に女性や女子が苦しい状況に置かれていることがでわかってきました。私たちが協働している起業家たちも、コロナ禍により通常の事業活動ができなくなり売り上げが落ち込む中で、必死に闘っていました。

 

パンデミックが始まった当初は、インドネシアでもインドでも、救援物質を送ったりしていましたが、この2年間の間に、起業家たちは新しいサービスを開発して動き始めています。女性たちに雇用や収入の機会を作り、経済的な基盤を守ることが、家族にとっても死活問題だと、誰よりもよく理解しているからです。

 

このような起業家の活動は、緊急支援と比べて成果が出るまでに時間がかかることもありますが、従来の支援だけでは見出せなかった新たな機会を生み出し、自立につながる大切な一歩をつくります。今、支援し育てていく必要があるのではないでしょうか。

 

昨年から本格的に動き始めた、さまざまな国際機関による調査結果を見ると、私たちはまだまだ知らないことがたくさんある、ということに気づかされます。「ジェンダー問題」に取り組んでいる起業家の存在は、そこに光が当てられない限り、なかなか見えてきません。

 

今回、ジェンダーをテーマに、ビジネスコンペティション「CSIチャレンジ」を実施することによって、ジェンダー平等の課題に取り組む起業家たちと出会い、彼らから学び連帯していきたいと心から願っています。そして、この試みにご参加、ご支援くださる方がひとりでも増えることを願っています。

 

このクラウドファンディングが、多様性を大切にした、ジェンダー平等な社会に近づく一歩となりますように!!!どうぞご支援をよろしくお願いいたします。
 

 

 

|CSIチャレンジをご支援いただいている団体・企業様

 

CSIチャレンジ4には、財団・企業などの皆さまからもご支援をいただいております。
 

MS&ADゆにぞんスマイルクラブ 様

 

後援
国際協力機構 様

※財団・企業さまのロゴに関して、掲載許諾を得ています。

 

ARUN Seedリンク:

ウェブサイト

Facebook

Twitter

Instagram

 

 

プロジェクトメンバー紹介

 

特定非営利活動法人ARUN Seed
功能 聡子(ARUN合同会社代表/特定非営利活動法人ARUN Seed 代表理事)

池島 利裕(特定非営利活動法人ARUN Seed 事務局)

赤堀 惇起(特定非営利活動法人ARUN Seed プロボノメンバー)

大野 真依(特定非営利活動法人ARUN Seed プロボノメンバー)

村上 輝(特定非営利活動法人ARUN Seed インターン)

工藤 桂菜(特定非営利活動法人ARUN Seed インターン)

渡辺 志保(特定非営利活動法人ARUN Seed インターン)

今井 芳乃伽(特定非営利活動法人ARUN Seed インターン)

浅田 晴音(特定非営利活動法人ARUN Seed インターン)

平島 陽子(特定非営利活動法人ARUN Seed インターン)

 

 

クリエイティブディレクション
澁田 翼(Grand Slam)


ブランディングアドバイザー・テキスト監修
小野田 峻(小野田髙砂法律事務所 代表弁護士/ソーシャルスタートアップ向けシェアオフィス『social hive HONGO』運営)

 

尚、ARUN Seedは今年度NPO認定の更新を見送りましたため、今回のご支援は「寄付金特別控除」の適用外となります。

 

NPO認定の見送りにつきましては、こちらをご参照ください。https://arunseed.jp/archives/6291

 


 

・本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関する条件の詳細については、下記リンク先「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix

 

・本プロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援をした時点で申し込みが確定し、その後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

  

・ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。

プロジェクト実行責任者:
功能 聡子(特定非営利活動法人 ARUN Seed)
プロジェクト実施完了日:
2023年12月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

いただいたご支援金は、ビジネスコンペティション「CSIチャレンジ」の運営とジェンダー課題に取り組む起業家への社会的投資に使わせていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
プロジェクトの総必要金額と目標金額の差額は、法人スポンサーからの支援、ならびに自己資金にて賄う予定。

プロフィール

特定非営利活動法人ARUN Seed

特定非営利活動法人ARUN Seed

特定非営利活動法人ARUN Seed(アルンシード)は、社会的投資の普及・発展・研究を目的として発足したNPO法人です。 ARUN Seedでは、途上国への社会的投資を実践しながら、社会的投資の調査研究、情報発信を行い、インパクトインベストメントやソーシャルビジネスを推進する他団体とのネットワークを通して社会的投資を広め、日本から世界へ情報発信を進めています。

リターン

5,000+システム利用料


alt

この一歩から社会的インパクトを!

・お礼のメールをお送りします
・CSIチャレンジ報告書をお送りします

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

10,000+システム利用料


alt

社会起業家が現場のリアルを語ります

・お礼のメールをお送りします
・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)

支援者
43人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

1,000+システム利用料


alt

【学生限定】あなたも参加できる。新しい社会変革のかたち

・お礼のメールをお送りします

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

30,000+システム利用料


alt

ARUN Seedを通じて社会起業家に想いを託す

・お礼のメールをお送りします
・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

50,000+システム利用料


alt

ARUN Seedを通じて社会起業家を応援する

・お礼のメールをお送りします
・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)
・ご希望に応じARUNのホームページにお名前(個人名、法人名)を掲載します

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

100,000+システム利用料


alt

ARUN Seedを通じて社会起業家にエールを送る

・お礼のメールをお送りします
・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)
・ご希望に応じARUNのホームページにお名前(個人名・法人名)を掲載します

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

300,000+システム利用料


alt

社会的投資のリアルを知ろう。功能聡子との勉強会

・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)
・ご希望に応じARUNのホームページにお名前(個人名・法人名)を掲載します
・ARUN Seed代表理事功能聡子との社会的投資についての勉強会(オンライン1時間1回、有効期限2022年12月から1年間。詳細は11月までにご案内いたします。)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

500,000+システム利用料


alt

社会的投資のリアルを知ろう。功能聡子との相談会

・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します
・ご希望に応じARUNのホームページにお名前を掲載します
・ARUN Seed代表理事功能聡子との社会的投資についての相談会(オンライン1時間2回、有効期限2022年12月から1年間。詳細は11月までにご案内いたします。))

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

1,000,000+システム利用料


alt

社会的投資について功能聡子が出張講演を行います

・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)
・ご希望に応じARUNのホームページにお名前(個人名・法人名)を掲載します
・ARUN Seed代表理事功能聡子による出張講演会(1回1時間30分、有効期限2022年12月から1年間、交通費は別途いただきます。詳細は11月までにご案内いたします。)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

300,000+システム利用料


alt

300,000円ご寄付シンプル・リターン

・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)
・ご希望に応じARUNのホームページにお名前を掲載します

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

500,000+システム利用料


alt

500,000円ご寄付シンプル・リターン

・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)
・ご希望に応じARUNのホームページにお名前(個人名・法人名)を掲載します

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

1,000,000+システム利用料


alt

1,000,000円ご寄付シンプル・リターン

・CSIチャレンジ報告書をお送りします
・優勝企業を招いてのオンライン報告会にご招待します(2023年6月開催予定、5月にご案内いたします。)
・ご希望に応じARUNのホームページにお名前(個人名・法人名)を掲載します

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

プロフィール

特定非営利活動法人ARUN Seed(アルンシード)は、社会的投資の普及・発展・研究を目的として発足したNPO法人です。 ARUN Seedでは、途上国への社会的投資を実践しながら、社会的投資の調査研究、情報発信を行い、インパクトインベストメントやソーシャルビジネスを推進する他団体とのネットワークを通して社会的投資を広め、日本から世界へ情報発信を進めています。

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
総計
105人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする