2013年12月のことでした
被災者が励まされたり、心がほっこりした曲について何名かの避難ママが取材を受けました。その中の1曲に、「アンパンマンのマーチ」がありました。

3年前、母子避難して、自分も小学生の子どもを抱えて大変なのに、被災者の気持ちがわかるのは当事者が一番と、同じような避難や移住者のために必死に自助的な活動しているママがいます。

彼女のきめ細やかさ、人を思いやる優しさ、そして、多くの人とつながり、輪を広げていくバイタリティ。
 

活動をしていく中で、被災者同士のいざこざ、地元の支援者との関係、政治や思想的な団体からの勧誘などなど、本当はもっと自分やこどものことで悩みたいのに、ほかのことで気持ちも体もいっぱいで、何度も何度も折れたと思う。でも、それても、どうにかこうにか接ぎ木して、体をささえてきた。

自分も事故で怪我しているのに、その怪我を押して一生懸命、救援活動している・・・
そんな彼女は、この曲を聴いて元気をもらっているんだと思う。
私もこの歌詞を読み上げると涙が込み上げてくる。
 

愛と勇気とやさしさと笑顔

いきていることこそがよろこびなんだ!

 

 


アンパンマンのマーチ
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも
何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも。
嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為
何が君の幸せ 何をして喜ぶ
解らないまま終わる そんなのは嫌だ!
忘れないで夢を 零さないで涙
だから君は飛ぶんだ何処までも
そうだ!恐れないでみんなの為に
愛と勇気だけが友達さ
嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為
時は早く過ぎる 光る星は消える
だから君は行くんだ微笑んで
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえどんな敵が相手でも
嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

新着情報一覧へ