こんにちは!

気温はまだまだ暑いですが、時折すずしい風が吹いて少しずつ秋らしい天気になってきましたね。

今日は、実際に現地に行ったときに、YMCAのこどもたちを対象におこなったワークショップについてお話したいと思います☆彡

「理想の場所」というお題で、みんなにそれぞれ絵をかいてもらいました。

 


 

見ていて多かったのは、みんなが住んでいるような高床式の住宅でした。

住み慣れていて、落ち着く場所なんだということが伝わってきました。

 


 

また、他には飛行機や船など、逆に自分たちが手に入れることのできない近代的なものをかくこどもたちが多くいました。

マノヘリ村の経済的な視点で見ても、文明的な視点で見ても、現実では乗ることがないだろうと思われる乗り物に対して、つよい憧れがあるんだろうということがわかりました。

 



大人たちとしては今のままの自分たちの村が好きで、飛行機などの近代的なものを取り入れる必要はないと思っているかもしれませんが、いつかこどもたちの憧れを抱いているものに実際に触れさせてあげることができたら、と思いました。

 

新着情報一覧へ