プロジェクト概要

つくばの子どもたちが、無料で参加できる演劇鑑賞会を開催します。

 

こんにちは!つくば子ども劇場の浜渦京子と申します。地域の子どもたちと生の舞台を鑑賞したり、キャンプに出かけたり、文化・芸術体験を通して子どもの育ちを応援する活動をしています。

 

今年の秋、つくば市内の小学校の体育館をお借りして、プロの劇団による子どものための無料演劇鑑賞会を開きます。劇団風の子による「風の子バザール」公演に、200名の子どもを招待する予定です。

もちろん子どもは無料です。

 

(「風の子バザール」上演風景) 

1950年に創設された劇団風の子は、全国はもとより世界の国々で公演をおこなっています。

 

「風の子バザール」は、世界の国々の不思議な話、おそろしい話、面白い話を集めたオムニバスの舞台。活気あふれる市場の中から、民衆の喜び、悲しみ、時には苦しみを感じさせる物語が聞こえてきます。子どもたちは何を感じてくれるでしょうか?
国や民族、文化の違いをこえて、人々と手をつなごう!という思いで制作された舞台作品です。

 

 

芸術鑑賞なんて無駄?そんなことはありません。

心で感動し、自分を表現するエネルギーを蓄積し、成長する機会を子どもたちに届けます。

 

現在、学校教育における子どもたちの芸術鑑賞体験は、時間、予算ともに縮小傾向にあります。

しかし子どもにとって、芸術に触れる時間は、単なるお楽しみの時間ではありません。

感動する心、その気持ちを友達と分かち合う喜び、自分の中に蓄積されていく感情、そしていつか自分自身を表現するためのエネルギーをもらう、大切な成長のための時間なのです。

 

そんな時間は無駄でしょうか?

それより、英単語をひとつでも覚えた方がいい?

 

そうじゃないよね、と、わたしたちは思っています。

子どもたちがのびのび育つ環境を、大人たちで作っていかなくては!

 

 

(「これ、わかる人!」「はーい!」「はい!」みんな夢中です。)

 

 

子どもは地域の宝だから、どんな子にも芸術に触れられるチャンスを作りたい!

 

経済的な理由や家庭の方針などで、文化・芸術に触れるチャンスがない子どもたちもいるでしょう。

子どもの貧困は大きな社会問題になっています。

 

「子どもは無料」「自分で行けるよく知っている場所での開催」

が大事な条件だと考え、このプロジェクトを企画しました。

 

(会場は小学校の体育館。いつもの学校。今日はお母さんと妹と一緒。)

 

 

お祭りやバザーで資金を集め、スタッフも募金&手弁当で奮闘中です!どうぞ皆さまのお力をお貸しください。

 

これから地域の商店や個人のみなさんに寄付を募ってまいりますが、良質な舞台を届けるために、劇団をお呼びするための公演料が、およそ10万円足りません。

ぜひ、みなさまのご協力をお願いいたします。

 

(市民活動センター主催のバザーで募金活動&子ども縁日)

 

 

舞台の楽しい思い出が、明日を生きる力になる。

 

このプロジェクトを実施すれば、多くの子どもたちが学校や地域の友達と一緒に舞台を鑑賞し、楽しむことができます。

 

翌日は学校の中で、「昨日観た劇」のはなしができるでしょう。

劇中歌が流行ったり、劇の一場面を再現するごっこあそびをしたという事例報告も過去にありました。

 

また、大人が協力し合うことで、子どもたちを見守る地域の目が育つと考えています。

 

どうか、演劇鑑賞会実施のために皆さまのお力をお貸しください。

 

(2014年「たっちゃんの紙芝居ライブ」終演後 大人も笑顔!)

 

(つくば名物?の宇宙食)

 

(筑波山 福来みかんの七味唐辛子)

(ささやかですがハンドメイド品です)

(ロングセラー 世界の民話 実業之日本社)


最新の新着情報