プロジェクト概要

震災後、多くの動物たちが家族や家を失い、殺処分されています。

そんな犬たちを救い、セラピードッグに育て人を救う新たな道を。

 

初めまして。さいごまで家族の会です。福島で犬や猫などの保護活動をしています。東日本大震災と原発事故により、多くの動物が愛する家族や住む家を失いました。その犬や猫に新しい家族を探していますが、見つけてあげられないことも多く、多くの犬が保健所で殺処分になっています。そんな2011年12月、殺処分寸前に犬を救い出し、セラピードッグに育成している「国際セラピードッグ協会」に出会いました。そこで育成された犬たちと触れ合っていくうちに、人々に命の本当の大切さを伝え、被災地の方々に希望を与えられるのはこれしかないと思い、セラピードッグの普及と育成活動を始めることにしました。

 

しかし、4か月分の訓練費用と交通費が不足しています。一度捨てられた犬たちに新たな一生を歩んでもらい、震災地の方々に希望を生み出せるようご協力お願いします!

 

(初めて会ったセラピードッグ。

どんな人、どんな速さにも合わせて歩きます。)

 

 

福島では一年間に飼い主や里親が見つからなかった、

犬426頭・猫2362頭、合わせて2788頭が殺処分となっています

 

「福島県では、被災動物の殺処分は行っていない。」と言われています。ですが、それは原発の半径20㎞圏内で保護された犬や猫が収容されている「福島県動物救護本部」のシェルターだけでのことです。半径20㎞圏外で捕獲された動物(犬猫)は、飼い主が現れなかったり、里親が見つからなければ、皆、殺処分になります。

 

こんな大災害なのに保健所への支援はわずかで、支援金を届ける術もないままフードが足りなくなることすらありました。シェルターとは雲泥の差です。見捨てられる辛さや気づいてもらえない悲しさをたくさんの人が感じていました。そして平成24年度には、犬426頭・猫2362頭(引き取り含む)、合わせて2788頭が殺処分となりました。※(3)犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況(都道府県・指定都市・中核市別)環境省

 

(保健所から保護した子です。「ちぃー」と名付けました。

一度も里親希望のお問い合わせはありませんでした。)

 

私たちが考えるセラピードッグとは、「国際セラピードッグ協会」が定めた45項目以上のカリキュラムを2年以上もの期間をかけしっかりとマスターし、高度な技術を身に着けた犬達のことです。私たちは震災後に保健所から保護した犬の中から、どうしても里親が見つからなかった犬にセラピードッグの訓練を受けさせ、立派なセラピードッグに育てたいと思います。現在は3頭の犬が、保健所から殺処分寸前に救出した捨て犬や、数多くの福島の被災犬をセラピードッグに育成している東京の「国際セラピードッグ協会」に通い訓練を受けています。

 

(訓練が行われる教室の黒板です。訓練は、Command(命令)ではなくCall(呼びかけ)で行われます。Voice(声)Hand(手)Face(顔)Body(体)、そしてEYE  CONTACT。もっとも大切なのは、ハンドラーの「笑顔」です。)

 

 

セラピードッグたちが患者さんと向き合い、リハビリに寄り添ったことで

これまで、実際に記憶を取り戻したなど多くの例が証明されています!

 

犬の持つ人間への忠誠心と深い愛情で、高齢者をはじめ、障がいを持つ方や病気(癌や精神)の治療を必要とする患者さんの身体と精神の機能回復を補助する犬たちをセラピードッグと言います。「国際セラピードッグ協会」では、介護の必要な人、障害のある人や車いすの速度に合わせて歩く訓練や人に道を譲ったり、突然のハプニングにも動揺しない、またベッドマナーなど45以上の項目を訓練しています。

 

また、セラピードッグたちが患者さんの心身の状態と向き合い、辛いリハビリに寄り添うことで、記憶を取り戻したり、動かなかった手足が動くようになるなど多くの実例が証明されています。保健所に収用された犬でも、育てられる環境と受ける愛情や教育で人を助けることが出来る立派なセラピードッグになれることを多くの方々に伝えたいと思います。

 

(本物のセラピードッグを知ってほしくて、福島に「国際セラピードッグ協会」をお招きしました。このように車いすの方にも寄り添ってセラピードッグは歩きます。)

 

2年前、福島県相馬市の仮設住宅に「国際セラピードッグ協会」のセラピードッグたちが来てくれた時、「こんな犬が本当にいるのか?」と驚きました。犬たちは杖をついて歩く人、車いすに乗っている人、どんな人にでも合わせた速度で歩き、撫でられても、さもそれがうれしいというように、初めて会う人であっても愛しげな眼差しで撫でてくれている人をジッと見続けるのです。その犬達が、すべて捨て犬であり、殺処分寸前に救出された犬だということに驚くばかりでした。彼らのように立派な犬になれば、もらい手も増え、二度と捨てられることはないと確信しました。

 

(震災の翌年、「国際セラピードッグ協会」のセラピードッグ達が

福島県相馬市の仮設住宅に来てくれました。)

 

 

犬のためだけでなく福島の方々のために!

心ならず殺処分をしている職員の方、被災地の方々へ希望を

 

福島の職員さん達は、心ならずも動物たちを殺処分をしなければならないという状況にあり、それは精神的にもとても苦しいことです。保健所の多くの犬や猫に里親が決まることで、福島の職員さん達がこういった思いをせずに済みます。そして今も風評被害が残り、多くの人が県外に避難している被災地の福島で、忘れ去られたように保健所で殺処分を待つしかなかった犬がセラピードッグになれば、福島県を含む多くの被災地の方々の希望と生きる勇気になると思います。

 

そして、2020年の東京五輪の時に日本に来てくださる世界各国の方々にセラピードッグを目指し頑張った犬の姿と被災地の復興を見ていただくことが、震災と原発事故の際にいただいた温かいご支援への何よりのお礼ではないかと思います。

 

(現在、セラピードッグを目指して頑張っている3頭です。

                左から   花子、ララ、ちぃーです。)

 

■さいごまで家族の会
http://saigomadekazoku.tobiiro.jp/
■活動記録(ブログ)
http://s.ameblo.jp/rachel-ma/
■Facebook
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%94%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AE%E4%BC%9A/1407085052867525?ref=stream
 

国際セラピードッグ協会について◆

セラピードッグ育成の第一人者である大木トオル氏が代表を務める「国際セラピードッグ協会」では、全国からの捨て犬の他、福島の被災犬を30頭以上救助・終生飼養しています。そして今、東日本被災犬保護プラザを設立し、被災犬の保護と被災犬をセラピードッグに生まれ変わらせる活動に力を尽くされているのです。一度、講演会やふれあう会でセラピードッグ達に会ってみてください。彼らの 人に対する隔てのない愛情と深い思いやりを感じられるはずです。そして、被災犬がセラピードッグとして第二の犬生を生きていくことをどうか応援してください。

 

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽引換券商品のご紹介∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

▶3,000円の引換券でお送りするもの

・お礼のメッセージ

・ポストカード

 

▶10,000円の引換券でお送りするもの

・お礼のメッセージ

・ポストカード

・キーホルダー

 

※イメージ

 

▶30,000円の引換券でお送りするもの

・お礼のメッセージ

・ポストカード

・キーホルダー

・福島のお菓子

※イメージ

 

▶50,000円の引換券でお送りするもの

・お礼のメッセージ

・ポストカード

・福島の名産品 

・組み木細工

・セラピードッグの本
数種類あるセラピードックの本から1冊をこちらで選び、お送りします。

 

※組み木細工イメージ

 

※セラピードッグの本イメージ

 

▶100,000円の引換券でお送りするもの

・お礼のメッセージ

・ポストカード

・組み木細工

・福島の名産品

・セラピードッグの本

・ふくしまの桃(8月ごろに別送となります) 

 

※イメージ


最新の新着情報