「同僚との雑談の輪に入れないのが一番寂しく悲しい。」

 

 


雑談の輪に入りたい。でも自分が聞こえないので、会話が通じなかったら怖いので入っていけない。。。
1対1だったら通常の会話程度なら大丈夫、でも2対1はちょっと、、、と個人差があります。
手話がないと会話がわからない。
人それぞれ違います。
集中して、読話を使っての会話は可能という方もおられますが、長く読み取ることはできません。集中力が途切れる、目を話したら話しがわからなくなってしまいます。または、難しい、聞いたこともない専用用語や言葉があるとなるとついていけなくなります。
言葉がわからなくなると同時に自分だけが取り残されたかのように悲しくなってしまいます。(聴覚障害者だけが経験している)
つまり、わかりやすく言うと言葉のわからない外国にひとりだけポツンと置かれたような状態です。それを聴覚障害者はずっと経験しているのです。

新着情報一覧へ