READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

日本の農業を守るために若い世代が参入しやすい環境を作りたい

中西 彰

中西 彰

日本の農業を守るために若い世代が参入しやすい環境を作りたい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月16日(火)午後11:00までです。

支援総額

168,000

目標金額 1,200,000円

14%
支援者
15人
残り
73日
15人 が支援しています
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月16日(火)午後11:00までです。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 初めまして。徳島県阿波市で農業をしています中西彰と申します。39歳で脱サラし、40歳から農業を始め9年目になります。きっかけは小さな事でした。家庭菜園で作ったミニトマトやピーマン、小松菜などを当時4歳だった野菜嫌いの娘が美味しい、また作ってな、と言ってくれた事でした。家族には大反対されましたが、何故か分からない自信ともっと娘に誉めてもらいたいという思いから農業を始めました。9年経った今でも色々と思考錯誤しながら栽培をしています。今ではもしかすると同じような年の娘を持つ家庭でも野菜嫌いに悩むご家庭があるのではないかな?と思いながらそれを自分の野菜で克服できれば、と思えるまでになりました。

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

農業を始めた9年前、日本の食料自給率は41%でした。9年経った今、農家の高齢化と新規就農者不足により38%にまで低下しました。

9年前、私が農業を始めようと思った時、その難しさに苦労しました。先代、先々代から受け継いできた大切な農地を農業をしたことのない人に貸すはずがない、というのが農業界の鉄則でした。たくさんの地主さんのところへ毎日訪れ、頭を下げ、断らる毎日でした。助けてくれたのは農地を持つ会社の元同僚で、周りの反対を押しきり農地を提供してくれました。そのおかげで今の自分があります。

 衰退しながら、新規就農者を拒む風潮が農家にはあります。この風潮を変えたい。9年経った今、大抵の野菜を作れる技術を身につけました。周りからもこの畑を使って欲しいと言われるまでになりました。ただ、農業をしたいと思いながら農地取得に悩む若者は今も耐えません。後継者がおらず放棄地になってしまいそうな農地をそういう若者に貸し、若者の可能性と農業の可能性を伸ばしたい。日本の食卓を出来る限り日本産の野菜で埋め尽くせるようにしたい。そしてその若者達が自分と同じ年になった時、同じように感じ日本の農業を受け継いで行って貰えるよう努力したいと思い今回のプロジェクトを立ち上げました。

▼プロジェクトの内容

 通常、農家の収入は作付けし収穫・出荷した野菜の売値ね1割から2割程度です。ですがコロナ渦により売値そのものが低下し、更に今年の気候が良かった為に豊作が重なり、野菜の価格は前年比で4割以上低下しています。周辺の農家は種を蒔く事をやめました。見渡す限り去年まで緑に覆われていた畑が何もない状態になっています。これを見た農業をしたいと思う若者はどう思うでしょうか?

自分はそれでも種を蒔こうと思います。確かに利益はありませんし、赤字になる事は間違いありません。ですが、悪い状況は一生は続かないと思っています。どの業界でも辛く厳しい時は必ずあります。ただ、動きを止める事で農業の未来を、若者の希望をここで終わらす事は私にはできません。

資金もなく、確たる約束もできませんが、それでも農業がしたいと思ってくれる若者を育てるため、より入りやすい農業にするために皆様にご支援をお願いしたいと思っています。ご支援で若者の未来を作って頂きたいです。そのための技術は農業者の務めとして行って行きます。

下がりっぱなしの農業者数、食料自給率を来年から上げていく事ができるように皆様にご協力をお願い申し上げます。宜しくお願いします。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 明日の結果ではなく、やがて結婚し子供を持った娘が子供の職業の選択肢として農業を選ぶ事ができるようにしたい。

自分は農家にはなれません。4軒の地主さんから10000m2以上の農地を借り受けて、野菜を作り販売する事だけで生計を立てていますが、農家とは認定されていません。認定してもらうには農業委員会を通じて賃借契約を結ぶ必要がありますが先代、先々代から農地の相続がされていない農地を借り受ける事ができないからです。次世代が農地の相続を拒む程先行きが見えない農業を自分の代で変えたい。皆様にご支援して頂く事で風向きが必ず変わります。農業をしたいと思う若者が作付けされていない畑群の中に緑に覆われた畑を見たとき、あそこに行けば農業が始められるかもしれない、と思えるよう肥料をまき、耕し、種を蒔く。同じ思いを次世代の若者が抱けるように、コロナなんぞに負けない技術と思いをこれから先の農業に残せるように、日本の野菜は負けないと世界中に示せるよう農業に未来を残したいと思っています。

 

 

 

 

 

【プロジェクト終了要項】


製作物    
野菜

 

製作完了予定日    
2021年6月中

 

製作個数    
玉ねぎ6万個、ブロッコリー1万6000個

 

その他    
予想外の天候不良が起き、野菜が無事に収穫できない可能性があります。その場合、人件費以外の費用は野菜苗を畑に定植した時点で消費してしまっているので、取り戻す事ができなくなります。農家には日常茶飯事の事態ですので、あらかじめご了承下さい。農家は野菜を売れる状態まで育て、お客様に旨いと言って貰う事を次の活力にしています。最善の努力を致しますので、完成をご期待下さい。

 

 

 

 

プロフィール

リターン

1,000

alt

ありがとうございますメール

感謝のメールをお送りします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

5,000

出資額5000円の場合

出資額5000円の場合

出来上がった野菜をお送りします。

  玉ねぎ、ブロッコリー、キャベツ、じゃがいも、オクラ、小松菜等の野菜詰め合わせをお送りします。

支援者
2人
在庫数
498
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

10,000

出資額10000円の場合

出資額10000円の場合

出来上がった野菜をお送りします。
玉ねぎ、キャベツ、ブロッコリー、じゃがいも、オクラ、小松菜等の野菜詰め合わせ
プラスお米3kg
をお送りします。

支援者
4人
在庫数
246
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

15,000

出資額15000円の場合

出資額15000円の場合

出来上がった野菜をお送りします。
キャベツ、ブロッコリー、じゃがいも、オクラ、小松菜等の野菜詰め合わせ
プラスお米3kg
プラススイートコーン2kg をお送りします。

支援者
6人
在庫数
142
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

求人情報検索サイトの新規作成

ビジネスクラス・成田ビジネスクラス・成田

#web・アプリ

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
5日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする