花押易カードが一枚ずつ出来上がってきています。

 
それぞれの個性あふれるカードと
その物語をお楽しみいただけたら幸いです。

 
 今日のカードは、【15地山謙 (ちざんけん)】

 

64枚中、15番目のカードです。

 

 

 人は成長して行くに連れて、

自尊心や自負心がむくむくと頭をもたげます。

 

それは、とても大切な成長の証しです

 

同時に、今自分がここに存在していられるのは、

たくさんの人のサポートがあるからです。

 

 

このカードが表れた時、

周囲のサポートがあることを忘れかけていることを、伝えています。

 

 

山が地面に潜った形は、

高い能力や力を持っている自分を、

へりくだって表現することを意味しています。

 

 

へり下ることは、ペコペコすることではなく、

愛と尊敬を表すことです。

 

 

 

カードの中央の 花押 は、亜侑が
「謙」の字を元に創りました。

 


旁(つくり)の「兼」、特に上の部分に

焦点を当ててみました。

 

謙虚であるべきところなのに、

自分の守りを固めてしまったようなイメージです。

 

 

 

風水の加奈子さんによれば、


「地山謙の「謙」は謙虚、謙遜の意味。

高くて、尊いものが頭を低くするという意味です。

 

実るほど頭を垂れる稲穂のようだということです。

 

 

地山謙の精神は消極的では有りますが、

世渡りの知恵であり、どっしりとした強さがあり、

人生 では最も大切なこと。 

 

花押の文字が、こうべをたれる、というよりは、

何かちょっと偉そうでつっこみどころがない感じがしましたので、

逆の意味で使うことにしました。

 

 

自分が気づかないうちに謙虚さを忘れ、

または立派になってしまった、山の上に登ってしまった。

 

そんな現在地にいるよというのを表現してみました。 

 

 

今回は文字で「山」をつくり、

地で黄色っぽい茶色を選んでいます。

 

山になっている部分にうっすらと色がつくように

なればいいかなと思います。 黄色のグラディエーションです」

 

 

そして美樹さんが、この形に成るように、
デザインしたものを、ご覧いただいています。

 

 

このカードから祀龍さんが受け取ったメッセージは

 

【偉そうな態度は、あなたを損ないます。
少し控えめにする位で、丁度良いのです】

 

 

 

 

自分をサポートしてくれる人たちに、

愛と感謝を山のように与えること。

 

 

自分をサポートしてくれる人は、

知っている人とは限りません。

 

会ったこともない人の方が多いのです

 

 

そして、人だけとは限りません。

 

 

このカードが表れたら、

自分の中にある感謝の気持ちにフォーカスする時です。

その新しい視点を持つと、見えなかった自分の姿が見えて来ます。

 

 

71枚の内の64枚は、それぞれに風景のような物語があります。

 

そして、7枚は時(timing)を知らせてくれます。

 

このカードが、お手元に届くまでに、71枚のメッセージを、

お伝えすることが、出来ますことをとても、うれしく感じています。