READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

風の会主催「風を感じて…」を安全に開催するために、抗原検査キットな

風の会

風の会

風の会主催「風を感じて…」を安全に開催するために、抗原検査キットな
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月31日(日)午後11:00までです。

支援総額

30,000

目標金額 70,000円

42%
支援者
5人
残り
34日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月31日(日)午後11:00までです。

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

風の会と申します。

風の会は、2001年に設立したボランティア団体です。

代表はスズキの元ワークスライダーの水谷 勝
副会長は元WGPチャンピオン上田 昇、元WGPライダー 八代 俊二が務めています。
バイクを通じて社会貢献を行い、バイクの悪いイメージを払拭できるようにと、現役・OBの全日本選手権や鈴鹿8時間耐久レースへ参戦していたライダーが集まり、ボランティア団体として活動しています。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 健常者・身障者に関わらず、もっとバイク(自動二輪)の素晴らしさを感じてもらうこと。
 バイクには、乗っている人しか判らない独特の『風』、むき出しで走るが故に、自然と向き合って走る事で感じる、匂いや季節感があります。
 我が国は、バイクの世界最高峰の技術を持つバイクメーカー4社があります。

 そして、世界のレースで日本人のライダーが優勝・チャンピオンに輝く時代になったのに、世間はその事を知らない、報道されない。

 そのような、今日の日本の現状の中、バイクに興味のある人、ない人問わず、純粋にその『風』に触れてもらいたい。バイクの楽しさを少しでも理解してもらいたい。まずは触れるチャンスを提供したいのです。

 そして、バイクの事を理解して頂き、バイクを見直してもらいたい。モータースポーツを楽しんでもらいたい。サーキットにも足を運んでもらいたい。2輪の立場、4輪の立場をお互いに理解しあって、交通事故の減少を目指したい。

 当会の発足のきっかけは、代表である水谷 勝が、テストコースでの体験走行のイベントの際に、参加者の友人で見学をしていた方に、「後ろ乗ってみる?」と声を掛け、走行した際に、動かない筈の足が、コーナーを曲がる度に、足に力が入っている事を感じた。もしかしたら、リハビリの一環になるのでは?という思いが広がり、障がい者の方にも『風』を感じてもらいたい。その中でも、普段は車椅子で生活を送っていたり、杖での生活、盲目の方等、バイクに憧れていても、夢叶わぬ人たちが沢山います。

 そのような方に『風』の素晴らしさを最も知り尽くしたプロライダーの現役・OB達が協力し、「タンデムラン」という形で夢を現実に変えていきたい。そして、その方々の周りの方にも、バイクの素晴らしさを共有して頂きたい。この活動は、『風の会』の原点であり中核をなします。

 

▼プロジェクトの内容

 現在、風の会 主催「風を感じて…」は、募金やクラウドファンディングで得た資金と、水谷自信の持ち出しで運営されています。

 今年は、コロナ禍の中での開催となりますので、感染リスクを減らすため、抗原検査キットの購入や、フェイスシールド、防護服の購入など通年より多くの費用が発生します。

 購入する抗原検査キットは、「体外診断用医薬品」を購入致します。

 抗原検査キットにて検体採取するのは、看護師が検体採取しますが、あくまでも複数用意する感染症対策のひとつであり、感染症対策は万全にとって開催いたします。

 そこで、クラウドファンディングで購入資金を集め、「体外診断用医薬品」の抗原検査キット購入費用に活用させて頂きたいと思います。

※抗原検査キットでの検査で、偽陰性の可能性はありますが、あくまで抗原検査は複数用意する感染症対策の一つであり、万全な感染症対策を行っての開催と致します。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

風の会主催「風を感じて…」は、参加いただいている障がい者の方から、開催に合わせてリハビリに励んでいると聞きます。また、残念ながら進行性の病魔に冒されている障がい者の方の中で、死亡された方もおられます。ご家族から、闘病の際に風の会から頂いたTシャツを抱きしめて、病気と戦っていたので、棺の中に一緒に入れさせて頂いたというお話も伺っております。

今年は残念ならが、高校生ボランティアの参加は叶いませんが、コロナが終息したら、高校生ボランティアを集い、障がい者の方と触れ合う場を提供したいと思います。

今まで、高校生ボランティアが障がい者の方と触れ合うことにより、自主的に何をしてあげたら良いか考えたり、イベント終了後もメル友になったり、進路を介護職へ決めたりとドラマが生まれています。

 

▼鈴鹿8時間耐久レース自体が中止となり開催できなかった場合

新型コロナウィルス感染症関連の関係で、鈴鹿8時間耐久レース自体が中止となった場合は、風の会主催「風を感じて…」自体も中止となります。

その際、今回のクラウドファンディングで集めた資金は、主に抗原検査キットを購入するために活用させていただきます。

開催までに購入する必要があるので、購入前に大会が中止となった場合についても、リターン商品は発送させていただきます。
その際には、明年開催の際にドリンク類など熱中症対策の購入費用または、新型コロナ感染症の感染状況によっては、抗原検査キットを購入する費用とさせていただきます。

抗原検査キットを購入後に大会が中止となった場合は、使用期限が1年間のため次年度に取り置きできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
風の会 代表 水谷 勝
プロジェクト実施完了日:
2022年8月6日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

鈴鹿8時間耐久オートバイレースの決勝前日、風の会主催 「風を感じて…」を開催します。 クラウドファンディングで集めた資金で抗原検査キットを購入し、開催日に抗原検査を行い、来場者が陰性を確認し開催にあたって、感染拡大を抑止し、安全に運営をおこないます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
イベントに不足な金額は、自前資金と協賛金などで補うので、不足分をクラウドファンディングで募集する。

プロフィール

リターン

2,000+システム利用料


水谷勝 イラスト ステッカー

水谷勝 イラスト ステッカー

直径3cmの円形ステッカーに水谷勝のイラストがプリントされています。バイクやヘルメットに貼り付けて活用してください。
2枚組となります。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

6,000+システム利用料


風の会 KADOYA謹製 Tシャツ

風の会 KADOYA謹製 Tシャツ

KADOYA様謹製のTシャツです。Lサイズのみとなります。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

NEW
【全国の子どもたちに届けたい】自閉症の青年が描いた絵を絵本に のトップ画像

【全国の子どもたちに届けたい】自閉症の青年が描いた絵を絵本に

小林繁一小林繁一

#子ども・教育

32%
現在
197,000円
支援者
24人
残り
57日
世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい のトップ画像

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい

ピースウィンズ・ジャパンピースウィンズ・ジャパン

#子ども・教育

継続寄付
総計
4人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする