こんにちは!アジア女性資料センターの濱田です。

 

3月にニューヨークで開催される国連女性の地位委員会(CSW)に参加するための渡航費を集めるクラウドファンディングのチャレンジは開始から26日目となりました。現在31名の方からご支援をいただいています。応援ありがとうございます!

 

あと15日間で残り約16万円を達成しなければ、ニューヨークに行くことができなくなってしまいます。みなさまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

 

アジア女性資料センターでは昨日、このCSWに関係する勉強会を開催しました。今回はその様子をお伝えします。

 

この勉強会は、1995年の第4回世界女性会議(北京会議)で採択された「北京行動綱領」について学ぶことを目的に昨年12月から始まりました。「北京行動綱領」とは12の重大問題領域が定められ、ジェンダー平等と女性のエンパワメント促進に向けて各国政府、国際機関、NGOがとるべき行動指針が示されたものです。行動綱領の採択は日本の「男女共同参画社会基本法」の策定に大きく影響しました。

 

勉強会は北京会議を歴史として学んだ世代(10~30代が中心)が行動綱領を改めて学び、今の視点からどう捉えることができるのかを考えることが大きな目的です。参加者それぞれが関心のある重大問題領域について発表しあいます。昨日は「女性の人権」「女性と貧困」「女性の健康」の領域を学びました。


 

 

 

勉強会は始まったばかりですが、3月のCSWに向けて月2回程度開催していく予定です。この勉強会への参加メンバーも募集していますので、気になった方はぜひアジア女性資料センターまでお問い合わせください。

 

今回のチャレンジ期間もあと15日間と短くなってきました。目標金額に達成しないとプロジェクトは不成立となり、CSWに参加できなくなってしまいます。

 

CSWに参加することができれば、北京行動綱領に示された行動指針に対する各国政府やNGOの20年間の取り組みや成果、そして課題を学び、日本にもって帰ってきます!

 

そのためにも残りの期間で目標金額を達成できますよう、ご支援をお願いいたします!投稿のシェアやfacebookへの「いいね!」などでのご協力もとても嬉しいです。

 

みなさまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

勉強会参加メンバーも応援してくれています!ありがとう~^^

新着情報一覧へ