READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
寄付金控除型
成立

原発に頼らない社会を。市民から世界へ34年の情報発信を継続したい

原発に頼らない社会を。市民から世界へ34年の情報発信を継続したい

寄付総額

2,080,000

目標金額 1,500,000円

寄付者
169人
募集終了日
2021年10月31日
プロジェクトは成立しました!
8人がお気に入りしています

8人がお気に入りしています
2021年09月20日 13:17

The Akatsuki-maru Campaign by AYUKAWA Yurika

An NIT historical episode recalled by previous NIT editor, AYUKAWA Yurika

 

On November 8 1992, a ship called the Akatsuki-maru left the port of Cherbourg, France around 5:00 am, bound for Japan loaded with 1.5 tons of plutonium. This was the first large-scale international shipment of plutonium reprocessed from commercial nuclear reactor spent fuel and protests against it were fierce and global. There was a loud silence from the Japanese government, citing security concerns as the reason why they were not giving out any information about the shipment. 

 

Under these circumstances, it was vital to get information about the extreme dangers of plutonium and the effects it may have on the countries the shipment was expected to pass by if any unpredictable incident occurred during the shipment. CNIC made information packages, including back issues of NIT, and mailed them out by post to each of the countries along the 3 likely routes, and thus potentially affected. Dr. Takagi was called to embassies in Tokyo to brief staff about the dangers that Japan was placing their countries in. The Asia-Pacific Forum on Sea Shipments of Japanese Plutonium was also held over three days about a month before the Akatsuki-maru left France. NIT No. 32 contains a full report of the Forum which was attended by large numbers of Embassy staff and the domestic and international press. One of the speakers was the President of Nauru, who protested in strong terms against the plutonium shipment which was “yet another example of the imposition of a nuclear risk on the Pacific peoples without our counsel or consent.” I remember that the Ministry of Foreign Affairs was caught totally off guard as they couldn’t believe the President of a country would come to Japan at the invitation of an NGO, and after confirming by telephone with CNIC when he was arriving, rushed to the airport with red carpets.

 

In the end more than 40 countries expressed concern or declared opposition to the plutonium shipments, and when the Akatsuki-maru finally arrived in Japan the Cabinet Secretary had to apologize to all those countries for causing such anxiety. It seems that the government was caught by surprise in more ways than one, and I feel that, although the shipment couldn’t be stopped, this campaign was in many ways a victory because the government realized what citizens are capable of—not only understanding the technicalities of nuclear matters, but also mobilizing this information to gain international support.

【メッセージ】NIT翻訳チーム/NIT Translation Team【「あかつき丸」キャンペーン】元編集長 鮎川ゆりかさんが語る
一覧に戻る

ギフト

5,000


alt

NITの継続を応援!コース

●お礼のメール
●寄付金領収書(2022年1月に郵送)
●活動報告書

※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。
※複数口でのご寄付も可能です。

寄付者
61人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

10,000


alt

【お気持ちを上乗せ/1万円】NITの継続を応援!コース

●お礼のメール
●寄付金領収書(2022年1月に郵送)
●活動報告書

※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。
※複数口でのご寄付も可能です。

寄付者
69人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

30,000


alt

仲間の証に!HPにお名前掲載&オンライン交流会コース

●お礼のメール
●寄付金領収書(2022年1月に郵送)
●活動報告書
●CNICウェブサイトにお名前掲載 ※希望者のみ
●オンライン交流会にご招待

※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。
※複数口でのご寄付も可能です。
※オンライン交流会の実施はプロジェクト終了後の2022年4月〜5月頃の開催を予定しています。日程詳細は決定次第、開催の1ヶ月前までに別途ご連絡差し上げます。

寄付者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

50,000


alt

【お気持ちを上乗せ/5万円】仲間の証に!HPにお名前掲載&オンライン交流会コース

●お礼のメール
●寄付金領収書(2022年1月に郵送)
●活動報告書
●CNICウェブサイトにお名前掲載 ※希望者のみ
●オンライン交流会にご招待

※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。
※複数口でのご寄付も可能です。
※オンライン交流会の実施はプロジェクト終了後の2022年4月〜5月頃の開催を予定しています。日程詳細は決定次第、開催の1ヶ月前までに別途ご連絡差し上げます。

寄付者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

100,000


alt

【お気持ちをさらに上乗せ/10万円】仲間の証に!HPにお名前掲載&オンライン交流会コース

●お礼のメール
●寄付金領収書(2022年1月に郵送)
●活動報告書
●CNICウェブサイトにお名前掲載 ※希望者のみ
●オンライン交流会にご招待

※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。
※複数口でのご寄付も可能です。
※オンライン交流会の実施はプロジェクト終了後の2022年4月〜5月頃の開催を予定しています。日程詳細は決定次第、開催の1ヶ月前までに別途ご連絡差し上げます。

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

300,000


alt

【NITを全力応援/30万円】仲間の証に!HPにお名前掲載&オンライン交流会コース

●お礼のメール
●寄付金領収書(2022年1月に郵送)
●活動報告書
●CNICウェブサイトにお名前掲載 ※希望者のみ
●オンライン交流会にご招待

※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。
※複数口でのご寄付も可能です。
※オンライン交流会の実施はプロジェクト終了後の2022年4月〜5月頃の開催を予定しています。日程詳細は決定次第、開催の1ヶ月前までに別途ご連絡差し上げます。

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

5,000


alt

5,000 yen

●Thank-you Mail

寄付者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

10,000


alt

10,000 yen

●Thank-you Mail

寄付者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

50,000


alt

50,000 yen

●Thank-you Mail

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月
プロジェクトの相談をする